ナンパ声かけ~第一声をどのようにかけるか

ナンパの始まりは女の子に声をかけるところからはじまります。

これからストリートナンパを始める初心者は、まずはどのように声かけるのか考えるところからスタートしましょう。

実際に女の子に声をかけたその一声があなたの人生の命運を分けるといっても過言ではありません。ストリートナンパを続けていれば、それだけのインパクトのある出会いは存在します。

では、一体その第一声であなたが考慮して注意すべき点とはなんでしょうか?

第一声で女の子に認識してもらう

まず第一に意識したほうが良いのはナンパの第一声の目的は

「自分を認識してもらうこと」です。

「おう」といっても「おはよう」でも、手を振ってもいいですし、何らかのアクションを起こして女の子に存在をアピールしましょう。

視界に入って微笑みかけるだけでもいいですし、肩叩いても良いです。

そもそも声をかける前では、女の子にとってあなたは通行人です。
ただの街中を歩く、その他大勢の人といっしょの人なわけです。
そこで声をかけることによってまずは

その他大勢→あなたとして認識

まで持っていくのがはじめのステップです。

ヘッドフォンをつけてようが、雑誌を読んでいようが、携帯電話をいじってようが声をかけていることをそれぞれに応じた方法で認識もらいましょう

音楽を聴きながら歩いている子に対しては前に出る必要があるし、軽く服をつかんだりとか荷物をつついたりといったアクションが成功率を高めます

雑誌とか読んでる場合は後ろから声をかけると警戒心が高まったりなど、あまりよろしくないのと、雑誌に目が行ってるので雑誌の話題から入っ たりとか、雑誌を読んでいると自然に目がいくようなひとり呟きをするとかでも構いません。

こっちの存在を認識してもらいましょう。

「今週(モデルの名前)かわいいなーw超かわいいなーwそれにしても、暇やなー。」

フレンドリーな印象を持たせる

つづいて普通の声かけの話に戻します。

声かけた瞬間ですがあなたをいかに印象付けるかが次にポイントです。

どんなキャラで行くのか相手に応じて対応しましょう。

基本的には「挨拶」とか無難な方法です。フレンドリーな感じで。
「こんにちは」、「すいません」、「やっほ」、「げんき??」などがベターです。

そのほか、強めな感じをだしたり、ノリの高い感じを出したり、誠実な感じを出したり。

さらに一工夫を凝らす

服装などとの総合であなたに対する警戒心と認識度が決まります。
認識される確率は高く。警戒心を起こす確率の少ない方法を選びましょう。

ただこれだけだとつまらないので、ここでちょっと工夫を凝らしてみましょう。
例えば挨拶のときに…

・ブレスを多くして声の通りを良くする(息に声をのせる)
・目をじーっと見つめてから挨拶する
・にんまりと120%の笑顔で異様なテンションで声をかける
などなど…

合わせ技を実行することで相手の注意をひっぱって、

まずは認識させることをこころがけましょう。

声をかけるのが初めの一歩ですが、ここをしっかりおさえると微妙に成功率が変わります。
成功率を1%でも上げていくことが、ナンパ力の成長には大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る