簡単に女の子との会話を盛り上げる方法

ナンパで怖いのがガンシカであるとか罵声を浴びせられるパターン。
自分から声をかけたのに沈黙になってしまうパターンもビビっている人が多いです。

…ナンパしていると知らない人大勢とコミュニケーションとるわけですし、よる系の女の子やガラの悪い女の子が趣味の男の人も多いはずなのでこ ういったことは避けて通れません。声をかけてきた見知らぬ人間に女の子は遠慮とかないです、少し機嫌を損ねるようなことを言えば態度は急変し ます。

しかし、できる限り避けたい事態ですよね。
無難に会話を盛り上げるために大きく分けて3つの方法をここで紹介します。

1、適当な声かけをする。

適当に声かけて反応の良い奴にしか行かないパターンです。傷つくし粘ってもろくなことがないという考え方にシフトしましょう。粘る技術を 持っていることはナンパの能力につながりますが、粘るか否かの判断力を持つことでナンパの効率化につながります。
もともと、第一声で声かけて反応悪い相手は連れ出しても反応が悪い相手が多いです。そんな人間に時間を使うのは無駄なので、声かけたこと自体 が誤りであり、そんな女ははやくどこか消えてほしいという価値観にシフトします。反応の良い相手からは罵声を浴びる心配もないですし、そうい う女の子と会話が止まることも少ないです。

2、ネタをある程度用意しておく

まず一つ目がナンパをする前から、話す内容をあらかじめ決めておきましょう。どんなふうに自分を売り込めばいいのか決めておきましょう。
どんな話題ならば盛り上がるのかある程度見当をつけておきましょう。ある程度会話のネタを用意しておくのです。
キャバの女の子やバーテンやホストさんは会話のネタ帳とかつけてます。持ちネタといったら大げさですが、事前に話す内容を紙に書きだしたりと か決めたりとかしてストックしておくのです。

こうしておけば声をかけた女の子が話しを聞いてくれた際にも、ある程度はあわてずに対処できます。
用意していたネタを話すことで会話を流していけば場は持ちますし、自然に自分を売り込むことができますから。

 
3、自分の置かれた状況で会話のネタを作り出す
自分がもともと用意したネタが切れてしまった時に有効なのが、その場にあるものを利用してネタを作りだすことです。
あとは、あらゆるものを面白く語ってしまうというスキルです。

まずどこにネタが落ちているのか、どうネタを作ればいいのか?
そこが大きな問題になっいるでしょうね。

これは自分に素直に生きるといいますか、感じたままを素直に表現することです。ある程度語る順番とかもありますけど、そこら辺は女の子の話 を聞いたり、自分が面白く話そうとしたりすることで身に付きます。またポジティブな人格を持ちましょう、ポジティブな面を女の子に見せましょ う。

情報を得るには人によって様々な方法がありますが、ひとつ有効なのが「あいてに興味を持つ」という方法があります。
それこそアファメーション。たとえあなたが女とセックスやりたいだけでも相手の立場に立って、自分(相手)のことに興味を持ちましょう。人間 は他人になんて普通興味はわかないものです。やっぱ自分が大事。建前的には他人や組織が大事ですけど、本音は常に自分が一番、他人が二番。

さて、洞察力というと大げさですが、要は相手の立場になって注意しそこから突破口を開くという方法です。
行動を指摘してみたり、相手の気持ちを描写してみたりですね。

 

女の子がお洒落な格好をしていたら
「今日の服、可愛いね。気に入ってる服着て、どんな所にでかけたい?」

女の子のスタイルがよかったら
「足細くてうらやましいな。普段はどんな努力してるの?」

もちろんある程度心を開かないと不発な感じになりますけどね、会話を展開したり相手の本心を引き出すには重視したらいいのは相手の立場なん ですよ。
相手が会話する流れをつくるのに情報収集的な質問は重要ですけどね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る