ナンパ師の技術が試される第二声目と第三声目

第一声目はだれがやっても同じなんだけど、第2声目と第3声目はある程度の平常心と、臨機応変さ。
それこそナンパ師の技術が試されることになります。

どういうことかといいますと、その場の女の子を観察して言葉を発するのに1声目は数秒の時間や状況設定があるけども、2声目や3声目はその瞬間を つかんで瞬間的に言葉を出す必要があると思うのです。
女の子の空気感であるだとか、対応であるだとか、自分の目的や、ここでの目的(たとえば立ち度める事が最優先、話を聞いてもらうことが最優先な ど)を瞬間的に総合して、自分の行動をその瞬間に練りだすというかアクションするのがナンパの成功率を高めるコツだと思うのです。

ということは、一声目よりも、ナンパ師の意識的には二声目や三声目にどのようなことを話すかに意識を置いた方が、ある程度慣れた人にとっては重要 であると思います。

 

たとえば初期段階での声かけの目的というのは

認識してもらう
話を聞いてもらう
とまってもらう
警戒心を解いてもらう
誘いに応じてもらう

らへんとなると思います。

各々関連しあっていて、いけるところから行くのが「誘いに応じてもらう」までの最短距離です。

たとえば止めるならば、手を握って止めたり、荷物をつかんで止めたり、物を渡すことによって止めたり、その状況に応じてできるだけすばやく止めま しょう。
もちろんできる限り女の子が警戒心を起こさないように。

認識させるならば、手を振ったりとか、つついたりとか、いろいろ手段はありますけど、認識してもらうまでに取れる手段に良いもの悪いものが状況に 応じてあります。

その状況に応じてなにが最も有効な手段であるのかを理解するためには、どの程度の成功率で、どの程度の警戒心が発生するであるとかを実体験を通じ てこちら側が感覚的に認識している必要があります。頭で考えている余裕はありませんから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る