運命の人の特徴

「運命の人を捜そう」

ある夜に僕は星を見ながらそう思ったんだ。

image

しかしここでようやく一段落。

これまで数ヶ月続けた運命の人を捜す計画

やっと終わろうとしています。

そして彼女ができるとき。

おわりはあっけない物です。

運命の人。

「やっと会えた!」

なんて興奮する物ではありません。

興奮して熱い物ではありません。

実際はふわっと会うのだと思います。

2013年6月30日の夕方、僕はいつも通りにセフレの子とアポに出かけました。

当時僕の選女眼は厳しかったです。
ギラギラするぐらいにです。

だからこそなかなか見つからなかったです。

出会う女の子を選定していたらきりがない。

たくさんの数をこなして気がついたことです。

はじめにやるまではピントはぼけていて良いです。

ヤッテから相手の体を知ってわかることもあるでしょう。

相手のこと知るのにそれが手っ取り早い。

エッチした後で

ぼんやりと全体を眺めて自分にあう人か選定すればいい。

全体を知らないとわからないと思います。

これは果たして妥協でしょうか?

11022_thumb

美食家の人にはわからないかもしれないです。
底辺から始めた僕だからこそわかることもあるでしょう。

高い望みにむかって移行としているのはわかります。
しかし、クリアしなければいけない階段もあると思うのです。

20130801-terraformars1

展開が早いのですが・・・



彼女できました!!

201208202229132a5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る