ナンパセミナーを東京で開催!実戦でケーキ連れ出し!池脇千鶴似の看護師さん@失敗

こんにちわ中村です

今回の記事ではストリートセミナーのサンプルで行った連れ出しについてお話していこうと思います。

ナンパセミナー座学の後

ナンパセミナー開催の後の実戦のセッションの出来事でした。

梅雨が明けて少し太陽の照りが強くなって来た日曜日。

ナンパセミナーを開催しました。

そのあと、実践で僕の連れ出し音声でもプレゼントしようと張り切って

街に出撃!

10分で連れ出し

即ることよりも連れ出しの結果を残すこと優先。

ふらふら歩いているキ例目の清楚な女性を発見。

足早に近づいて声をかけました

なか「何しているの?かわいらしい顔をして」
女「ええ、かえるとこです」
なか「もう帰るだけ?帰って何するの。俺めちゃ暇」
女「ご飯でも食べますよ、なんですか」

ここで疑問が出てくるということはこちらに微妙に興味のある案件で

粘ってトークを進めていけば連れ出せる確率は高いと判断できます。

今回連れ出したのは

池脇千鶴似の看護師さん

連れ出しの場所は池袋では有名なケーキ屋さんに行ってきました。

というのも連れ出しでの会話のとき相手の女の子が

女「甘いの好き、抹茶とか」

なか「よいよ、案内してあげる」

という流れで即デートしたためです。

なか「これたべる?」

女「いいよ、そういうの」

いまいち乗り気でない様子。

モチベーションの精査が抜けていたことが頭をよぎりました。
手つなぎでの判定をするなど連れ出しの前に相手のモチベーションチェックをしていませんでした。

連れ出し後の会話

人でにぎわう池袋の午後でした。

池袋には同人誌販売のビルが多く乱立していておたくの聖地ですねw

別に今回の子はおたくというわけではありませんでしたが

なか「オタクっぽうよね、同人誌とか好きなの?」
女「全然」
なか「同人誌ってどんなのか知ってる?」
女「知ってるよ、友達でそういうの好きな娘いるし
なか「おお、さすが、交友関係ひろそうだもん、ちなみにどんな同人」
女「ボーイズラブとか」

ボーイズラブの話をしていても思わしい展開にはならないのでガールズラブの話に話を挿げ替えます

なか「ガールズラブじゃなくって?でも同性にモテそうだよな」
女「中学の時告白されたことある」
なか「さばさばしてるって言われるでしょ」

看護師さんはさばさばした娘多いですね。

プロフとか当てつつ信頼関係を作って親近感を持たせてゆきます

連れ出しの結果

今回の連れ出しの結果ですが。

ケーキ屋さんだしどうしょうもないよな。

隣座れてないし、

たとえ隣座れていたとしてもオープンな席。

オープンな席ではぎらつけないし

結果は何もなし次に予定があると去っていく女の子。


女「前にもナンパされて彼氏作ったの」
女「そういう人とあったりしているよ」

ん〜話を聞いているとで都会にいすぎて擦れちゃった系の女の子っぽい。

女「この後予定あるんだ」

女の子はよくうそをつきます

またまた冗談ですね。人を傷つけないための。

人のこと言えないですが。
都会の小汚い街に長く生息する女の子。

質が悪い女の子が多い気がします、遊びすぎ。

人のこといえないですけどね(笑)

女の子との接し方の練習にはなったと思います。

接し方です。

どんなに恋愛経験が豊富な子です、都会で擦れてしまっていても

女の子は女の子として接してみるのが成功率を最大化する秘訣なのではなかろうか・・。

変にこの子は擦れているから

変にこの子は田舎者だから

といった分類してしまって、自分の自然体が体現できずに

自ら墓穴を掘り、自滅するケースが多いような気がしています

女の子は女の子

最近思うのは、女の子って女の子だなってこと。
かわいくてもかわいくなくても女の子なのです。

思考パターンが同じだから、前回の経験が今回もいかせる。

ブスがいやがることは美人もいやがるし。

美人が喜ぶことはブスも喜ぶと。

感情を抜いて女の子に接するのが一番、成功率は高まるわな・・

まとめ

セミナーの後の連れ出し事例としては良かったように思います。

側の事例渡しても今回出席された方だとちょっと辛いものがあるように思いますし、

イメージできないので、バンゲ音声とか連れ出し音声の特典で糖度良いのではと思い

今回の連れ出しの音声を編集してセミナー参加者の方に配布しました^^;

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る