聞く耳を持たせる秘儀-フック法

はじめに女の子を会話を引き込むためのテクニックの話をします。
カラオケや喫茶などに入って相手が効く耳をある程度もってからはこのテクニックは不要ですが、別に癖になっていても害はないでの癖にしておくことをお勧めします。

女の子というものはおもしろいもので、ある程度興味の方向性が決まっています。興味を持つ言葉が決まっているのです。
それこそ「かわいい」であるとか典型ですね。
あらゆる会話にちりばめることで女の子が自然と集中しやすくなります。
他にもフックになるキーワードを上手にちりばめることです。
「運命」、「特別」、「偶然」といった単語の不思議な力を利用してもかまいません。

その時運命だ―ってかんじちゃってさ!

特別サービスでやるの!!特別、特別!

すっごい偶然なんだけどね!

・・・とりあえず、口癖にしておきましょう。

つづいて、ナンパした子の中には「どうして声かけてきたの?」と
言ってくる女の子がけっこう多いです。質問に適切に応えてあげましょう、あなたが言いたいことではなくって相手のききたい言葉をかけましょう。
ここで重要なのがどのように答えたらいいのか理解することです。
当然、ナンパした理由は
「たまたまナンパしている時に、君が通ったから。」ですよね?
でもこれバカ正直に言うと普通によろしくはありません。
都合の悪いことを言う必要はないので、はぐらかしてしまってもいいと思います。
関係がある程度できていれば

「適当に声かけてたまたま遊びに行くことになったけど、今は声かけたのが@@で本当によかったと思ってるよ、これからもいい関係で入れたらいいね、よろしくね」

とかでもいいでしょう。

 

また向こう側の食いつきがよいならば

「一目見た瞬間にビーンってきたんだよ」とか
「ここで、お前と会うのは運命だったのかもね」とか

もう嘘でも何でもいいので言ってみてください。
非常に寒い発言ですが、場の空気が暖まってれば言葉が入るので寒いほど効果抜群なんです。
ほとんどの女の子はそんなセリフ言われたことないので、とくに少女まんが好きな女子とかはまんざらでもないリアクションがかえってきます。
後々の関係に微妙に効果をもたらすのでこまめにこういう臭い言葉を連呼しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る