ストリートナンパの声かけの方法を総まとめ!誠実系!オラオラ系!

こんにちわ、中村です。

これからストリートナンパを始めたい初心者の方で

どのように女性に声をかけたらいいのかわからない男性は多いでしょう。

この記事では声のかけ方についてガイダンスを行います。

まずおぼえておいて欲しいことは

女性に声をかけないことには何も起きません。

正直どのように声をかけても、あまり変わらないのですが。

声をかけるための足がかりになるなら、多少なりとも声かけの方法を考えることは効果はあるかもしれません。

路上を歩いている女性にどんな風に声かけても変わらない理由ですが

声をかける前の女性の目利きの段階で結果が決まっている
声をかけてからのコミュニケーションで決まる

ことが多いためです。

ストリートナンパの声かけの方法を総まとめ!

中村がおすすめするオーソドックスな方法

「かわいいね!番号教えてよ!スカウトやキャッチじゃないよ、ナンパ!」
「タイプだったんで声かけました、友達になってくれませんか?」
「よっ、1時間だけカラオケ行こうよ、おしゃれだね!」

目的をわかりやすく伝えることと、相手へ褒め言葉のセットが初心者向きでしょう。

効果的だからという理由もありますが、テンパって声かけのセリフを忘れるからというのが中村がおすすめする大きな理由です。

初心者の方でバンゲとか連れ出しをしない人は緊張をしてナンパする目的を忘れているのでしょう。適当に喋って終わる・・「あーなんで番号を聞かなかったんだろう」と後悔するというパターンです。

最低限の伝えるべき事柄を忘れずに伝える

たしかにこれらの項目を伝えなくても結果が出る女性もいますが、

初心者が定型文にして覚えるのには定型文にしてあらかじめ暗記するのが良いです。

路上を歩く女性とのコミュニケーションで最低限伝えたらいいことは、

・目的は何か?
・なんで声をかけたのか?
・自分がここで何をしているのか?
・ホストやスカウトやキャッチではない
・時間制限がある

ということです。

確率を高くするために相手とのコミュニケーションの中で伝えれば良いのですが、忘れてしまっては元もこもありません。第一声で伝えましょう。

声かけのバリエーションを覚えて底上げする

声かけは様々なバリエーションを知っておくことで声かけに幅が出てきます
バリエーションでできることは確率の底上げです。

ナンパに反応する女性の目利きや、第1声の反応に対しての応答などが大半の要素を握ります。

要件系の声かけをしてみる

「今何時ですか?」
「トイレを探しているのですけど」
「駅までってどうやっていくのですか?」

間接法と言われるやり方で一般に反応する確率は高くなります。
ただし成功率という観点でいえばおすすめはできません。

関係性を男性対女性に戻すのが困難になるケースが多くなります。
そもそも、ナンパで苦労する人というのはコミュニケーション力が低く女性との和みを入れられない方が多いためです。

ネタ系の声かけをしてみる

「これぐらいのペンギンが歩いているのみませんでしたか?」
「マツコデラックスを探しているのですけど・・」
「こんにちわ、ゲイバーいかがですか??」

こちらも変な人という風に女性に一度思われてしまった関係性をナンパに戻すのが困難です。たしかに反応する確率は上がるのですが初心者は直接法で反応しない女性を切った方が良いでしょう。

自分が笑ってテンションが上がるとか、これなら笑うという風にナンパ師側が確信することで声かけへのモチベーションが上がるなどがネタ系のナンパのメリットでしょう。

ネタ道具系の声かけをしてみる

「すいません、おとしましたよ(チョコボールを見せる)」
「これぐらいの子供あるいてませんでしたか?(ギズモを見せる)」
「これ探しているんですけど(ドラゴンボールを見せる)」

チョコボールとかギズモとかドラゴンボールなどはネタ系です。

リアリティを持たせる意味ではありかもしれませんが、関係性を元に戻すのが困難な点から初心者向きではありません。

地蔵するよりはマシなので地蔵克服のための声かけにはやってみても良いでしょう

道具系の声かけをしてみる

「暑いね(うちわで扇ぐ)」
「散歩中なんだ〜(ペットを使う)」

意図的にやるというよりは、たまたまあったので利用するという考え方が良いでしょう。使っても使わなくても良いですし、うちわがあったからといって反応しない子が反応するようになるかは疑問です。ペットに関しては意図的に連れて行くというよりは、日常的な出会いに近いものがあるかもしれません。

言われた系の声かけをしてみる

「友達とゲームしてて負けちゃって、声かけたんですけど」
「先輩からナンパしてくるように言われてて」

こちらも地蔵の克服には役立ちます。
理性の部分で声かけを止めている方は自分が行動する言い訳が欲しいようです。

要件が伝わらない声かけをしてみる

「大変申しわけありません」
「あのー・・・・・」
「(もごもごいう)」

ナンパ師が何言っているかわからないために、女性が聞こうとすることで反応はします。意図的にやる必要はないかと思います。

誠実系の声かけをしてみる

「タイプなんで見とれちゃって」
「あのー、お綺麗ですね!」
「声かけないと後悔すると思って」

適度に織り交ぜると面白いです。ナンパがうまくいかなかった時の逃げ道として誠実を装うのはいい結果にならないかと思います。

オラオラ系の声かけをしてみる

「おう、こっちや」
「よっ、カラオケ行こうよ」
「何食いたい?好きなもん言ってみ」

主導権を握る流れを作った声かけです。こういった男性が好きな女性はいますし、要件はわかりやすくなるのでこちらもオススメです。

ボディランゲージ系の声かけをしてみる

手招きする、手を振る、笑顔で微笑む、肘を小突く、腕を掴む、立ちふさがる

など。

空気を読んで必要に応じて行うのが良いですね。
手招きや手を振るなどは声を掛けるよりも簡単に女性の反応を見極めることができます。

この記事では女性の状態抜きでの声かけについてお話しさせていただきました。

女性の観察系の声かけは覚えることが多くなります。
第一声はなんでも良いことから考えれば、覚えるのは後で良いです。

観察系の声かけを2声目で伝えるよりも、第一声であらわれた反応に対しての声をかけた方が相手にヒットする確率は高くなります。

記事に関するご質問はコメント欄からどうぞ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る