ストリートナンパでの節約方法!お金がなくても路上に出ろ

こんにちわ、中村です。

今回はストリートナンパでの節約方法についてお話ししようと思います。

ラブホテル代に金を使いすぎてお金がなくなるというのは成果がではじめたばかりのナンパ師さんによくある話です。

3

普通に恋愛してとか、たまに合コンで遊ぶといったノリでラブホを使っていると、ストリートやネットナンパで成果をどんどん出すようになると苦しくなるでしょう。

一般的な相場が宿泊が8000円、休憩が4000円ぐらいです。

月に2〜3即・・ならまだお金の管理は良いですし、そのぐらいが心地よいとも思いますが

月に10即以上やってみたい方も多いはずです
(基本的に楽しくないし、むしろ辛いと思います)

月に10即などできるようになってくると今度は資金ショートがやばいです。
その資金がショートするタイミングが資金管理を学ぶタイミングだと思っています。

ストリートナンパでの節約方法!

出て行くお金を減らそうとすると、どうしても落とし所の選択肢が少なくなったり、時間を犠牲にする側面があります。ホテル泊まりNGとか、居酒屋NG、カフェNGですね。

さらに節約の度合いが進めば、夜の出撃がNGになります。お酒を飲むこと自体が高いとか、休憩でホテルに入るにしても夜は高いと感じるようになるためです。

それではどのように節約したらいいのかお話ししていきます。

やすいホテルを知っておきましょう。

出費で最も大きいのがラブホテルです。

いろいろな面白いラブホテルに詳しいとそれだけで女の子をホテルに誘いやすくなるのですけれど、諦めて最安値のみで戦いましょう。こんなラブホテルがあるんだよーっと女の子に教えて、興味持ったら誘うというのを諦めるということです。

女の子がラブホテルに興味を持つラッキーを諦めましょう、あくまで自分に興味を持たせる。

最安値のラブホテルは街にもよりますが1時間で2000円程度です。

安いホテルに行くために連れ出す場所(ナンパ活動の場所)も最安値のラブホテル近辺にしましょう。

最終目的地までの距離はなるべく詰めておいた方が良いです。

また、ラブホテルは時間帯によって値段が変わります、何度も同じホテルを使うことで混み具合だとか、時間による料金の変動を把握することができます。

割り勘を基本にしましょう。

女の子との割り勘を基本スタンスにしましょう。

それで金銭負担の50%が軽減されます。

食いつきがあれば女の子は料金を払うケースが多いです。
食いつきがあるのか際どい時はホテルのフロントでは自分で払って、
部屋に入ってから請求しましょう。

それで最後までやれるものがやれなくなったケースは今までにないです。

「半分もらっていい?」
「2000円出して」

と伝えるだけです。

食いつきへの影響ですが、むしろ、半分出してもらうことで食いつきが良くなるケースが多いと思っています。

クーポンを使いましょう

カラオケ屋さんやホテルはクーポンがインターネットで配布されています。

カラオケでもホテルでも500〜1000円程度やすくなります。

女の子の食いつき的にはクーポン男子はカッコが悪いとされていて影響が良くないので、いざ可愛い子に当たったという時は使わないとか、お店の帰り際に出すというのもオススメです。

また、会員登録しておくと半額デーなどのお知らせが来るカラオケ屋さんやホテルも数多く存在します。あえて情報収集するというよりは、活動していて徐々に詳しくなっていくといった形になるでしょう。

最後まで行ける確率が悪い連れ出しはNG

ホテルやカラオケへの入店前に手をつなぐことができるのかテストなどを行って食いつきがない子は連れ出さないというのも一つです。

また、居酒屋、カフェ連れ出しになる場合は時間・お金の無駄と考えて連れ出さないという選択を取るのも有効でしょう。たしかに、ホテルやカラオケまでの間に居酒屋を挟まないといけないケースはあるのですが、節約を考えると、いける女の子を探すのが正解です。

連れ出しの回数が減れば必然的に出費のお金は減ります。

もちろん、連れ出す経験をたくさん積むのが有効な段階の人は居酒屋やカフェでも連れ出す方が成長に良いですよ。

臨機応変に連れ出しを行わずに和む

お金がないならば連れ出さずに和むというのも一つの方法です。
買い物の付き添いとか、ショッピングセンターを二人でウロウロですね。

もしくはゲームセンターへの連れ出しや、路上で飲み会のようなのもお金がかからないケースが多いです。

ついていく系の和みとか、路上で飲み会といった方法は連れ出しよりもハードルが下がりますが、1対1という形でもないのでギラつきの練習は難しいでしょう。あくまで、その一緒に過ごす時間で警戒心をとって密室に連れ出すのが目的です。

節約という意味でカフェ連れ出しの代わりを果たすことができる選択肢です。

おごってナンパ!

女性のおごりを前提にナンパするのは極端に効率が落ちるのでオススメできませんが、狙えるタイミングがあれば狙ってみても良いでしょう。

女の子に気に入られてさえ仕舞えば、女の子がお金を出してくれるケースもあります。あえて期待するものでもないですし、食いつきも下がる可能性があります。

意図的に誘発するなら

ビンボーアピールや誕生日アピールなどが良いことが多いです。
他にもゲームにしてみたり、次回におごることをアピールするなどの方法があります。

そもそもお金がかからないように場所を選ぶとか、女の子に半分出してもらうことの方が優先です。

お金がなくても路上に出ろ

ストリートナンパでは大きくお金を使うケースを避ければあまりお金はかかりません。

居酒屋と泊まりのホテルを使わないこと
女の子に半分出してもらうこと

を心がけると休日に丸一日出撃でも1000−8000円(5連れ出しとか)程度しかかからないはずです。

節約はたくさん成果が出るようになった時点で自然に身につくものだと思います。
初心者の段階であれば、ナンパの成果を金で買うぐらいの心づもりが成長効率を促進させます。

質問があればご気軽にコメントくださいませ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る