ギラツキ中に自分が話す内容と相手から引き出すべき内容

おのおのに目的を持たせること。

 

自分が話す内容的には

警戒心を解く、男としての魅力を感じさせる、人としての魅力を感じさせる。

ギャップを見せる、誠実さを売り込む、さわやかさや交友関係の広さを売り込むなど。

ほかの切り口から語るならば、グダの予防、性欲を起こさせる、心の距離をつめるとか。

 

相手から引き出す内容的には、心の距離をつめる上での情報、どんな相手に魅力を感じるのか(仕事、家族、恋愛)引き出して自分がそれに当てはまっていることをさりげなく伝えたり、強調したりなど。嫌みに受け取られるであろう内容はさりげなくほのめかすが、どうでも良いようなポイントは強調する。

 

顔が良かったり、学歴、収入などは嫌みに受け取られる可能性がある。

筋肉が以外とある打とか、やさしいとか、レディーファーストとか、好きなパーツであるとかは強調する。

また、セックスできる条件や、魅力を感じる条件、好きになったタイプの男、の情報などが攻略の手がかりになったりする。

 

あいてに話をさせる場合は、話しているうちにむらむらしてきたりとか、ドキドキしてきたりとかを狙う。初期段階では共通点を探したり、共通点を深めたりする。ボディータッチのネタを試す。

しっかり人の話が聞けることや一緒にいて楽しいことをアピールする。相づちとか、共感とかを大げさに行っていく、かつ会話の方向誘導を忘れずに。

恋愛系のが十分に誘導できるようになったらエロい方向も混ぜていく。

他人、自分、相手の順番で話を進めると話が引き出しやすい。

気持ちを聞いたり感覚を聞いたり、言われた言葉を聞いたりとかで体現させやすくなる。

ちょっと思い出してみてよ・・・

そのとき何が見えたの?

そのときなんて言われたの?どこで?何が見えた?何感じたの?

 

気持ち悪がられたら、いいわけとして一緒にその感覚味わいたいなって。幸せな感覚ってお裾分けねがいたいじゃん。とか

それとも事前に、@@の過去の恋愛とか気持ちとかって面白いよね、もっと知りたくなるな。とか

気持ち悪がられないように言っとく

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る