ナンパで話を聞いてもらうため!立ち止めと振り切り防止

こんにちわ、中村です。

実際に声かけをしているとナンパで女の子を追いかけて行って声をかける。

そして、声をかけた瞬間に振り切ろうとされるときが多いと思います

声をかけても、拒絶反応が出てしまっては声をかけるまでの時間が無駄になってしまいますよね。

今回の記事では女の子への振り切り防止対策を以下で述べます

 

できるだけ前にポジションをとる

体験するとわかりやすいのですが、自分より後ろから声をかけられるのは怖いものがあります。

前を向いて歩いているときに後ろから「おにいさーん」って感じでs。

怖いという上にこれは無視しやすいですね。

横の中途半端な位置からの声かけも無視しやすいものがあります。

なるべく横斜め前ぐらいの位置を歩きながら声をかけていきましょう。

斜め前方でも、相手の歯科医の中に自然に入る位置です。

最も無視しにくいポジションは正面になります。

正面から声をかけるのが最も無視はされにくいのですが、今度は警戒心をあおってしまいます。

無視されにくい声かけをしても、警戒心をあおってしまって意図的に無視するとか

警戒心マックスの状態でこちらの話を聞いてもらっても、連れ出しや番号ゲットまでとおくなることが多いでしょう

正面からの声かけと同じように女の子に近づきすぎているような声かけも警戒心をあおることになります

振り切り対策

無視されにくいという理由だけではなくてある程度進行方向の前側にいれば、女の子が振り切ろうと早歩き委なっても振り切りにくいでしょう。

なので、立ち位置というのはできれば若干妨害する程度の位置がおすすめです

さらに前方に立っているといざ急にオン案の子が加速したときに前方に移動して、進行を阻めることができます。
妨害していた方が相手の歩行速度を操作しやすいですし、女の子も止まりやすいし振り切るのに労力がかかるでしょう。

すぐに歩く速度を落とすな

初心者さんがやりがちなのは女の子が振り向いたと思った瞬間や、声をかけた瞬間に歩くペースを落とすことです。

歩く速度は落とさない、歩行速度を落として横に並ぼうと速い段階ですると振り切られやすくなります。

話しているときにずっと女の子の視界に入る位置で話す

目を見て話す。目を見て話すと言葉を無視しにくい。視界に入ると言葉を無視するのが難しい。

行動を指摘して反応を引き出す

女の子から反応が取れれば無視は非常にしにくくなります。

なので、振り切ろうとしている段階で優先したらいいのは反応を取るタイプの声かけです。

例えば行動を指摘することです。

目をそらしたり顔をそらしたら指摘して拡張する。行動にフックさせる。一言では弱いので言葉を三つぐらい投げる。

・あ、顔背けた。後頭に語りかけることになるやん。顔あからさまに背けんといて。

・足早くなってる、早歩きにモードチェンジした、目的地まで競争しようぜ

・そんなにむっとしなくても良くない?今日機嫌悪いの?シャイやからにらまんといて

人をかき分けて前に出る

人をかき分けたほうがが早く女の子にたどり着ける場合が多いため。時間を置けばおくほど周りの建物に入った利だとか、自分の中で声をかけない言い訳を探すので頭を使わずに最短距離で話しかけていくといいでしょう。

女の子が周りを気にする場合は女の子の警戒心をあおってしまうために、無理やり目立ったりとか、人をかき分けて前に出ないようにするのはありです

もちろん、女の子に対して人ごみにまぎれていて話しかけにくいからという理由で声をかけないのは駄目ですよ。

障害物も確認してから声をかけていきましょう

周辺視野を意識して周りの障害物や人の流れを確認しましょう。

歩いている途中にぶつかってしまってはモチベーションが大きくそがれますし、女の子に笑われてしまうかもしれません

目の焦点は女の子の目に遭わせるけど意識は周辺の障害物に置いておく。歩きながら確認するのはできるだけ声をかけ始めた初期ではやめた方が良いです。きょろきょろしていると不振な印象を与えるためあまり印象が良くないです。

適度に周りの障害物を確認しましょう、そもそも女の子を止まらせれば話は早いのだけども、女の子の警戒心を解く前に止まらせようとすると止まりたくないという抵抗が増大するのでなかなか難しいでしょう。

落ち着きつつも適度に周りを確認しながら進むことが重要です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る