モテる安いアクセサリーの選び方

はで過ぎると警戒心を高める

独特のものは避ける・・・ゴアとかだめ

ネタになるものは使う・・・赤い眼鏡、デンマのおもちゃ

共通点・・・ビトン、ビビアン、バーバリー、ディーゼル、ディアブロなど

地味すぎるとチャラくないのでギラツキのときによろしくない。

 

金属製のものは錆びる

ストーンは落ちる

チェーンは引っかかる。

皮はにおいがつく、色あせる。

複雑なものは壊れる。

 

特にブレスレットやネックレスは直接肌につく夏のアクセサリーだけどすぐに色あせたり錆びたりする。

そもそも、消耗品と割り切って、あんまりお金を一品一品にかけないようにする。

あとは、女の子にあげられるようにする。プレゼントとして。

壊れにくそうなものにする、かつおしゃれに見えるもの。

派手すぎないのだけどもできるだけおにいけいより。

 

はじめはディアブロとか109系のブランドで良さげなものをそろえて、いろんなものを試してみて慣れてきたら今度は通販系の1000−2000円のアクセサリーを試して、それでも慣れてきたら

300円ショップとか1000円の通販などでそろえるのが良いと思う。

 

アクセサリーはオーラや服などでやすいものが高く見えたりとか逆に高いものが安く見えたりとかする。

ブランドものの一点使いは親父やおっちゃん風。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る