マチングアプリ(pairs,tapple,omiai)のサクラの特徴は?どうやってみわけたらいい?

こんにちわ、中村です。

今回の記事ではネットナンパに挑戦しようと思った初心者が最初にぶち当たるであろうサクラの壁について話してゆきます。

現状、主流である「マッチングアプリ」ではお金がサイトには発生しても男女で発生することは少ないです。

対して、ワクワクメール、ハッピーメール、YYCなどのポイント制サイトではまだ、業者さんや援助交際の娘がはびこっています(サクラというわけでもない)

それでは解説していきます。

yahooパートナーのサクラの特徴は?どうやってみわけたらいい?

ネットナンパ用のサイトに登録するにあたって初心者が懸念を持つのが

「サクラに引っかかってしまうの出はないのか?」

という部分です。

サクラに引っかかってしまうの出はないかという懸念を持つ前に、そもそも「サクラ」とは何かというのを

あらためて考えてみましょう。

1

つまり運営側が用意したサイトを盛り上げるための従業員といったところでしょうか。

サイト側が人を雇ってメールを盛り上げてくれるわけですね。

だけどあくまでお金をもらったスタッフなので実際に会える可能性はとても低いです。

やってればわかる

エキサイトから出会い系のサクラについて書かれた記事を発見したので引用します。

1

外のサイトに誘導されるとか不動産の話を持ちかけられたらさければいいだけなので

実際にやっている人にとっては簡単に避けることができるのであまり意味のないことです

しかし、初めてこういうサイトを利用する人にとっては

なかなか怖いように思えるかもしれませんね。

さくらというか・・

出会い系サイトの初心者の人がサクラとか詐欺という風に呼ぶ属性には以下のようなものがあります。

実際のネット上では運営側が雇った社員さんとやり取りよりも、恋愛を求める素人以外の女性という意味で「さくら」という言葉が使われているように思います。

・素人えんこう

→素人の女性がお金がほしくて金銭交渉を男性に持ちかけて来るケース。セックス有りのタイプもあればデートメイトなどというエッチなしの関係も言ったりします。基本的には男性からお金をとるのはうまくはいかないのでトークで言いくるめて普通の関係に持っていくことも可能でしょう。目的がお金なだけに普通の女の子よりも口説くには苦労するし、恋愛とは異なるアプローチが必要なことが多いです。

・デリ業者

→デリヘル業者が営業活動の一環として社員に男性の勧誘を出会い系サイトでやらせるものです。テンプレートなどを利用しているケースが多く、また、指定の場所以外のアポを受け付けない傾向があります。デリヘル業者の事務所があるエリアに男性客を呼び出そうとするのが一般的です。メールのやりとりは男性が行い、実際に出向くのは女性ですね。パネル詐欺的なものが多いです。

・誘導業者
→小さい出会い系サイトを運営している業者が営業活動の一環で、男性客を大手出会い系サイトから引き抜こうとするパターンです。こちらもテンプレートを使ってやり取りをするケースが多いです。あとはメールに誘導するのが特徴ですね、サイト上でURLを載せてしまうと一発退場になるため「祭とやり取り→メールやり取り→サイト誘導」のような手順をとります。しかし、そういう詐欺に引っかかる男性はこういうサイトは見ていないのだろうなぁ・・・。

・マルチ
→パーティーや友達と一緒のアポを進められたり、本人が直接勧誘して来たりします。こういう勧誘は人間関係ありきだと思うので、出会い系サイトに限ったことではありませんがスキルのない男性にとっては攻略が難しい女性でしょう。攻略法には一切無視して突き進むと意外と口説けるパターンや、勧誘をうけるように見せかけつつエッチまでもっていくパターンなどがあります。

・パーティ
→営業活動の一環としてコミュニティサイトや出会い系サイトをやっている人が多いです、婚活パーティーやクラブ系のパーティー、SMパーティーまでいろいろあります。

などなど・・

 

日常生活で出会えない人との出会い

普段会社と家の生活ばかりでは出会えないいろいろな人がいるのが出会い系サイトです。

浸ってみるのも視野が広がるし、経験値になり、一生懸命取り組めば必ず思い出になると思います。

お金に関していえば、出会い系サイトに限らず、どこにでも出会いを求める場所ならお金の話はついて回るかもしれませんね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る