読心術の練習はどうしたら?上達のコツはあるの?

メンタリズムや催眠術を人に教えていると読心術についても聞かれることが多いです。

「相手の考えがわかったらいいな~」

そのほうが支配欲も満たされますし、相手がこう考えるならこのように動くというように自分の判断も行いやすいと思います。

今回は読心術について僕なりの見解を示そうと思います

結論から先に書けば、相手の考えを読むだけだと意味なくて何とでも考えられるし考えは変わるし、まず確認をしたらいいのは自分の心理状態です。

読心術学びたいという心理には何らかの理想があってその理想のほうを明確にするほうがその人にとって意味があることの可能性が高い・・・

と思っています。

 

催眠的に読心術ってどうなの?っていう方も多いと思いますが催眠というのはあくまで誘導の技術であって相手の心が読めるだけでは意味がない可能性が高いです。

催眠的には心を読んで利用して誘導するとか、読まなくても誘導するとかですね。

相手の心理状態を当てるためにはその人の立場に立つことが重要ですが、人の立場なんてなかなかわからない・・。

しかも、直接相手に聞いてしまったほうが早い可能性がありますね。

一緒にトランスに入ることで、相手の心理状態がわかりやすくなるというケースはあると思いますが、相手に直接心理状態を聞いてしまったほうが早いケースのが多いとも思います。

っとネガティブな話ばかり書いても進展がないので本題の読心術の練習について思うことを述べていきます。

読心術の練習はどうしたら?

肝心の練習についてですが、目的なく相手の心を読むのはあまり結果が出ないことが多いでしょう。

まずは相手を口説くでも、ものを売るでもいいので目的を設定しましょう。

次に基本的には相手の心を読むためのヒントは観察から来ます。

相手にあってるか否かを確認しながら、進めていくのが良いでしょう。

「どんな風に考えているの?」

と直接聞いてみるとか、相手の感じていることをこちらが言葉にしてみて

あいてに「どうなの?」と確認してフィードバックがなるべくもらえるように進めるとよいでしょう

上達のコツはあるの?

こういうのが必要な状況に身を置くというのがコツだと思います。

興味本位で練習を勧めていたのでは習慣化しませんし、目的意識が学習の速度を決めますので・・。

一人だとなかなか続かないという人は催眠のクラスでさわりをやっています。

体験だけでも楽しいと思いますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る