pairsでサクラや業者は?いいねが平均より高い子でもゲットできる!デートして来た報告@成功

takai

こんにちわ、なかむらです

ぼくは最近何をしているのかといえば、去年のネトナンづけの日々とは異なり

今年は物販とかコーチングビジネスを頑張って時間を割いている感じです。

実際に僕が大学ちゃんと卒業したのっで去年からでして

一年はだらだら過ごしてしまったので次の年からは頑張りたいなと・・

でもネトナンしていないわけでもないです!

準ゲットしてきました

今回もペアーズ案件での準ゲット報告になります。

僕が出会った女性はいいねが300overで比較的いいねが多めの女性でした。

最近思うのが相手のいいねの数が直接的にマッチング率にあまり関係ないような気がしていまして・・・。

サクラや業者なのではと思う人もいるかもしれませんが、

ペアーズはサクラや業者は排除する傾向にありますので

kapu

低いほうが確率高いのだろうといいねの低い女性にばかり狙っていっても、相手の女性がペアーズのサイトを見ていないためかそこまでマッチング率は高くなく・・。

逆に一度プロフィールや写真を作りこんでしまえば、いいね数をたくさん集めている女性でも反応が来るので

結局、数十件程度のいいねで少なめないいね数を得ている女性に対しておくっていっても、いいねがうん百件と来ていていいね数の上位の女性に送っていっても

いいねが帰ってくる確率というと何かよく分からないといった感じでした^^;

アポの詳細は

アポのレポート行きたいと思います

【スペック】
スト値3.9
美容部員、26歳
【その他の情報】

夜の仕事とダブルワーク

【恋愛経験】
彼氏と同姓中

【エッチ経験】
2人
【流れ】
1回目、カフェ→バー
2回目、居酒屋→イルミネ→ホテル

【使った費用】
カフェ代=1500円
バー代=2000円
居酒屋代=1000円
ホテル代=5000円
合計=9500円

【感想】

ペアーズ案件です。

徐々にですが上手にそこそこよさげなスペックの女子と上手に遊ぶ方法がわかってきているような実感があります

今までの即の量産のスタイルから少しだけ変えて

新世界開拓ということでハイスぺとアポるようなちょっと特殊なやり方を取っています、そして引っかかった女性です。

peaz

アポの流れは

まずは渋谷のおしゃれカフェでアポをしました。

 

ゆ「どんなデートするとかある?」

「カフェとか居酒屋さんとか、一緒にご飯食べに行くこと多かったですね」

ゆ「承った!おしゃれなカフェいこうよ、一緒に休みの日にのんびり過ごしたいし」

「はい、楽しみです^^」

 

通話で恋愛の関係性を作れていなかった女性なのと、

初対面の印象でこちらから押していくタイミングとしては

まだ早くこちらが距離を少し取って向こうから来させるような戦い方にしました。

 

「一緒にいると楽しいよね、時間忘れるよ」

「ふーん、今まで大変なことたくさんあったんだね、一緒にいてあげたかったな」

「もっと自信もっていいと思うよ、俺でよかったらいくらでも話聞くし」

 

バーとカフェでラポールトークを中心に仕上げました。

帰り道で軽くハグしようとしたところ拒否反応が出たのでフォロー

そのあと、「拒否してたわけじゃないのー」てきなメッセ来ました^^

2回目のアポの流れは

季節を感じさせるものに女の子って弱いですよね

夏なら、海やBBQ

冬ならイルミネーションやお菓子の家とかですね(笑)

さて、前回に引き続いて

2回目のアポでは居酒屋からのイルミネーションといったデートコースです

irumi

 

「来年もこんな風に手をつないで、一緒にイルミネーション見に来たいね」

「なんか付き合ってるみたいだよね、俺お前のこと好きだし、お前はどう思ってるの?」

「本当?そんなこと言われたら食べたくなっちゃうよ(笑)これでもめっちゃ我慢してるんだよ」

 

イルミネの時に色恋でセクを確定させました。

そのまま裏路地に移動します

ホテルに移動成功

・・そうすると目の前には突如ホテルがw

手をつないだままホテルに入室。

支払いを済ませて女の子無言(笑)

 

部屋に入って

部屋に入ってからは一緒にシャワーを浴びようと提案

ゆ「一緒にシャワー浴びよう」

「無理無理w」

ゆ「洗いっこしようよ^^」

「恥ずかしすぎて死んじゃう」

・・・恥じらいは大事ですね(笑)

別々にシャワーを浴びてきてそのあと、ホテルのおっきなベッドにごろり・・

「初めて見た時からフィーリング会いそうだなって思ってたよ」

ノーグダで準ゲットです。

総括

今回の女の子は夜に働いているお水の子でした。

一般的には仕事上で口説かれまくるので口説く時の難易度は上がるといわれています。

しかし、夜の仕事をしている女性でもこてこてにやっていない女の子であればペアーズのような恋活系のアプリにも転がっています。

プロ意識の低い子についていえば女の子といえば普通に女の子なんですよね。

あえて、夜職の子を狙いたい場合は恋活系のアプリよりも、暇つぶし系のアプリのほうが遭遇率は高いですよ^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る