物件

女の子のことをナンパでは物件と呼びます。

渋谷の物件。池袋の物件。などなど

渋谷でナンパした女の子とか池袋でナンパした女の子といった意味。

さんじさんという渋谷のナンパ師さんがいてそのひとから広まったのですかね・・?

即席物件って言う本でてますよね

 

物件ということの意味なんですけども、人として見ていると冷静な分析だとか比較だとかがやりにくくなるからなのではないかなと思います。路上ナンパではいくらでも女の子確保できますし、ひとりひとりに感情移入してたら大変。いい女だよりもいい物件だのほうが、自分が主導権を握って、あーしたりこーしたりとかできる感覚ありますものね。

主導権を自分が握って主体的にどうするのかきめて人生生きていくって言うの重要。

とくに既婚している人とか、恋愛慣れしていない人とかしっかりわけないと。一線を引いて。

それこそ女関係のトラブル発生。人生終了とか^^;仕事ぶっ飛んだりとか。

 

そのほかでは、めんへら系や主導権とるのが好きな女の子に振り回されるとかもナンパや日常生活の活動に支障が出たりします。

 

そうするとやはり、ひとりの人間として見るよりも、物件という言い方をして何を優先するのか選択したりとか、手放す判断であるだとか、各下に見たりとかすることがナンパの上達や楽しむのには有効な手段であるとも考えられます。

出会いの絶対数が多すぎて、パンク。

恋愛の感覚でやってると頭がショートすることになるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る