ペアーズの体験談!男性で入会していいねもらった女の子と会った@失敗

pea-zut

こんにちわ、中村です。

今はペアーズのアカウントを6アカウント運用しているのですが、

なかでもうまくいくアカウントとダメなアカウントに分けれますね・・

自分が行けると思ってもなかなかいいねが集まらなかったり、

ふざけて描いたプロフィールと写真になぜかいいねが集まったりなど。

これは行けるというように思っても実際に試してみないと正確な情報はわからないものだなと

改めて感じるすがすがしい午後なのでした。

ペアーズでラブホで手マン

今回も前回に引き続きペアーズの案件です。

ペアーズは向こう側からいいねを得た場合とこちらからいいねを押した場合で攻略難易度が違うと思います。

今回は向こう側からいいねをもらったパターンでした。

即ろうと思えば行けたのかもしれませんが、

女の子と話しているうちに何か結果がどうでもよくなってきたというのが最近の本音です。

練習としてネトナン案件と戦うならば

とりあえずホテルまでいけてしまえば十分なのかと・・。

ストリートとかポイント案件ではホテルに放り込んだだけでは確実に即れるとはいえず

ホテルの中に入ってからが勝負とか、ホテルに行くべきかどうかの判断が勝負な面もあったりするのですが

通常のネトナン案件の場合は相手に考える余裕があるので

ホテルに入ってしまえばこちらのものというような側面があります。

アポの詳細行きましょう!

【スペック】
スト値3.4
アパレル、26歳

【その他の情報】
そんなにエッチとか恋愛経験ない

【恋愛経験】
元彼は東京ずみで家に通ってた
家に行ってエッチだけが多い

【エッチ経験】
めっちゃ感じやすい

【流れ】
カフェ
ゲームセンター
ホテル
イルミネーション

【使った費用】
カフェ=500円
ゲームセンター=2000円
ホテル=3000円
合計=5500円

【感想】

プロフィールの写真はスペックが良いのか悪いのかよく分からなかったけれども

ハイスペックな女子が多い職業絞りとか、

メールの内容で相手の食いつきが初めからよかったこともあり、

プロフィールの内容的に美人が来ると予測してのアポでした。

当日は、映画館の前で待ち合わせ・・

そこに現れた子は・・・・絶世の美女

illust2006

っとおもわせて普通の女の子でした^^;

相手のスペックに期待していただけに期待を裏切られてしまい

なんだかアポがどうでもよくなり、とりあえずケーキに行きました・・

あとは前から言ってみたかった大型のゲームセンター行きました。

女の子と仲良くなりたかったというのではなくただ自分が行ってみたかったので行った感じですね

ゲームセンターで適当に和んで

これはホテルいける流れという風に思ってホテル誘導。

geme

「行かない、行かない」

といいながら普通についてくる

食いつきがいい時によくあるパターンでした。

解放トークで建前グダを崩して、ホテル入室に成功しました。

部屋においてあったマッサージチェアで遊びます。

「すごいねー!Yみ座って!」
「最新のマッサージチェアなんだってー」
「マッサージとか受けたことある??」

ぶるぶるモードにしたり、いろいろマッサージチェアの機能をいじりました。

まさかの展開・・?笑

そして試しに電機消してみると

Yみ「暗くされたら・・あぁあぁ」
Yみ「だめ・・はぁはぁ、んっんっ」

shutterstock_107170061

この子ったらマっサージチェアで感じてる・・・笑

女の子からこんなに反応があるとなんだか楽しくなってきました

雰囲気で性的な部分じゃなくても勝手に感じる子も結構いるものですね。

このタイミングで切りあげて最後まで押し切ればエッチできたのかもしれませんが、

即るかどうかどうでもよさ半分だったのもあり

そのあとベッドでいちゃついて終わってしまいました。

shutterstock_160628081

女の子を脱がすのを試みるも脱いでくれず

最短時間で入室したこともあってラブホ時間切れ。

結局、即れずに終わりました・・。

即に対しての執着心が抜けていた

即目的に行動していったほうが技術的にも成長が伸びますし、

せっかく休みの日を使って遊んでいるのですから

なるべく短時間で充実した時間を過ごしたいですね^^;

どうでもよさ半分とか言っていると、目的意識が薄くなり最後まで行ける人も最後まで行けなくなりますし、

女の子に対して必死で口説かないから成長にもつながらないです。

今度からまた頑張ろうと思ったアポでした^^

muki

無気力は敵なりや

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る