藤田塾の感想とレビュー!手品やウィッグを身につけて声かけに挑んだ話

こんにちわ、なかむらです。

僕の場合は、あちこちのナンパ塾や恋愛コンサルティングに出入りしていた経験があるので

ナンパ塾や恋愛コンサルティングの話もしていきたいと思います。

2005年ぐらいに藤田塾というナンパ塾に入塾したことがありました。

かなり昔ですし、成果が全然しょぼかった頃です。

まずは自分の身の回りを変える

藤田さんに言われた通りに、カツラを購入したり、眼鏡をおしゃれなものにかえたりしました。

いろレンズに色をいれたり、強化フレームにしたりなど、オプションも入れたりしました。

ヘア染めスプレーなんかも買いましたし、ワックスも買いました。

髪の毛は軽く赤や緑などいれておくと光が当たった時に綺麗に見えるのです。

ダンサーさんなどがよく使っていますね。

服も原宿などを渡り歩いたりインターネットショッピングなどで自分がおしゃれと思うものを一通りそろえてみました。

藤田先生おすすめのセレクトショップでモテる洋服を買いました。

成果ですが、何も考えていないよりはよくなりました。

ファッションはマグロがいいけれど金かけるのはダメ

振り返れば、理想とする人の言うことを聞くのは成長する上でありです

そうでもしないとたくさんの時間を使った上に成果が出ないということになりかねません。

しかし、藤田先生が何をできている人なのか見誤った部分が失敗です。

後で考えると、このファッションに関しての投資は無駄で終わります。

ナンパしたいならナンパ主体の塾に入れ

藤田塾はナンパ塾ではないです、

藤田先生はパーティで成果を出した人で、ナンパでの成果はあまり主だったものがありません。

また、通っている塾生に関しても、ストリートを本格的に行う人はほとんどいませんでした。

パーティの場合はおしゃれな服はアリですが、ストリートの場合はちょっと異なるのです。

メガネはダメですし、おしゃれさはいらないです。

また、新品の服を買う必要がないです。

たとえば眼鏡よりもコンタクトのが一般に受けは良くなります。

原宿やセレクトショップよりもマルイの服のが若い人の間では一般受けします。

できるだけ汎用性を出して否定されないような服を選ぶというのが恋愛成功のファッションでは重要かと思います。

特に初期段階では。

まずはセリフを覚えろ、丸暗記しろ

そして第2回のナンパ講習に望みました。
つづいて、藤田さんから

「今回は受講者が複数いるので合同で行います。若くて年齢も近いので仲良くされてはいかがですか」

とメールが来ました

はじめて合同で行いました。

全体の流れとしては

座学→シュミレーション→実践

といった流れです。

テキストの復習や疑問を解消していただきました。

つづいて近くの公園で立ち位置や声の掛け方の練習。
どういう角度でどんな風に声をかけたら

女の人から受け入れてもらえるかと行った話をします。

警戒心を起こさせないようにとか、

笑顔をどうやって引き出すかと行った話も教えていただきます。

そして実践練習・・・ぼくはもともと他人を気にしない性格だったらしく、地蔵はそんなにしませんでした。
しゃべれなくなることはあってもナンパの台詞を覚えていないだけで、緊張とかではないです。

コミュニケーションってパターンですから、限定したシチュエーションで何度も似たようなコミュにケーションやっていれば、すぐに上達します。

ただし、その限定したシュチュエーションで話す言葉も覚えていないのでは話にならないw

ナンパ仲間を作れ

最初の頃ってなんてナンパで声かけたら良いのか全くわからないんですね。

声かけのセリフなんて何でも良いことに気がつくのは数年後・・・。

特に僕みたくゲームばっかり、運動ばっかり、勉強ばっかり見たいな、いままで雑談であるだとか、意味を持たないコミュニケーションを極力避けてとってこなかった人間にとってはハードです。
結果なんて出る訳がありません。
3声程度して解散しました。

最後に受講者同士て連絡先を交換して、今度一緒にストリートに出る約束をしました。

ナンパ仲間ができやすいというのはナンパ塾に入塾するメリットかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る