ストリートナンパのセミナーを東京で開催!デブでもナンパできるのか?実録解説セミナー!

debu

こんにちわ、中村です。

情報のアウトプットをLINEグループ中心に移しましてblogの更新が滞っておりました^^;

10月は末ごろにセミナーやるよ、やるよ言っていて結局はやらなかったわけですが・・。

久々ですが11月はセミナーやろうと思います( `ー´)ノ

debu

セミナーのテーマは

今回のセミナーのテーマはナンパ師のマインドと実録の二本立てで行こうと思います。

今までのセミナーでは僕の音声軽く解説するだけとか

催眠視点で解説とかはしましたが

ナンパ師の視点では解説していませんでしたね。

催眠の視点よりもナンパ視点のほうが

実用に足りうるものです。

内容の詳細

11月11日20時~105キロの巨漢ナンパ師氏コラボのストナンマインド編・21時~実録解説セミナー

◆◆11月11日20時~ナンパのマインドセット 第1部参加費3000円

普段は毎月350万円稼ぐ27歳の営業マンで現役ナンパ講師Mさんとのコラボセミナーです
銀座の女、地下アイドル、CA、レースクイーンと付き合いまくってきた体重105キロというスペックです
トークができればルックスなんて関係なくナンパはうまくいく事が良くわかる、既存のルックスだよりのストリートの概念をを払しょくするマインドセットの講義です。

Mさんよりメッセージをいただきました。

僕もナンパがはじめは全くできなかったんですよ
師匠とずっと遊び感覚でやってたから
こうやって技術とか考え方って学ぶんだね。
ブレイクスルーしたんですよ
他の人もできます

僕の話を聞けば行動が変わります、習慣をしていないと気持ち悪くなるんですよ

定期的にでよいと思うのですが実際にモテる人とお会いして恋愛の話を聞くのは

自分のレベルアップに役に立つと思います。

話していると自然に何を成長させたらいいのか気が付いて、自分で改善しようとするからでしょうね。

僕もコンテンツやります

なかむらがおしえるマインドセット

普段の講習とかセミナーではマインドセットのはなししないのですが、今回はマインドセットの話を中心にお話しようと思います
普段はなさない理由は初心者にマインドセットは刺さらないからです。
やりこんでくるとマインドすごく大事だと思うけどやりたての人の興味関心ははテクニックですよね。

そういう理由で今までテクニック中心にしてマインドはあんまり教えてこなかったのですが
今回はあえてマインド編を講義してみます。

ナンパに対する初心者のイメージですが

基本みんな続かない
好きになってない
めんどくさい
きつい

ですよね。

そもそも内面から変わる必要がある人が大半なのですが、自分の受講した経験を踏まえると

マインドの話言われても聞き逃してしまうのですね。

実体験から本当は学ぶのが正解だと思いますが

話を聞くことでも変わる面もあるとは思いますので

僕のエピソード踏まえて考え方の転換点になった話をしていきます

何で僕がナンパ習慣化したのかが今回の主題です

一部のセミナー動画か音声が特典になります。

申し込みはこちらから

第二部は実録解説!

◆◆◆11月11日21時~ 実録動画解説編 第2部参加費3000円

今回も二部構成でセミナーを行います

今回のコンテンツですが実際の声掛けの場面を動画で見ることができます

実力のない人や本当はナンパしない人が抗議していることもありますので

実際にどんなふうに声掛けしているのかというのはすごく気になるところだと思います。

1、体重105キロの巨漢ナンパ師氏の実録動画の解説

新橋でナンパを後輩としている動画の解説

中村も見してもらいましたが終始女の子が爆笑していました(笑)

トーク中心のスト師がどんなふうに話すのか、知っておくとよいと思います

第二部も僕のコンテンツあります

ーーなかむらのギラツキの解説

僕のパートではいつも体験講習で行っているプレゼンで飛ばし飛ばし見しているギラツキ動画の解説します。

僕のノウハウでは30分程度で放流か最後前狙うか決着をつけます。
30分程度でどのように最後まで狙っていくのか気になっている人も多いと思いますので今回はその解説を行ないます。

もちろん弾丸狙うとなるとターゲットが限られてしまうのですが

ナンパ初心者にとってはやってみたいとか

そもそも弾丸即は初心者向けで覚えることが少なくて済むとか

知っておくことにメリットはあるかと思いますので、これも知っておくとよいと思います。

一部のセミナー動画か音声が特典になります。

申し込みはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る