藤田塾のナンパ口説きギャクのMD買った話

 

オーダーメイドで特別に作っていただいたいまはなきMDの教材。お風呂上がりとか、寝る前とかにちょくちょく聞いてました。結構覚えることができます。
集中して聞いていくというよりも通勤時間や通学時間にナンパの声かけや連れ出しの音声を聞く方法を推薦します。
藤田さんの特選のギャグが詰まっている。いまは・・どうなんだろうか。MP3ファイルとかで送られてくるのですかね??
女の子と話すときに
台詞に笑いを込める必要はないんだけども、ふざけた感じで口説くという(逃げ道を残す感覚)のは便利でいつでも使えます。
本気で行ってるのかふざけていってるのかわからない距離感を保ったまま口説いていく。女の子を。
世界一愛してる。
一番好き。
かけおちしよう。
人生で一番早くつきあうって記録作りたくない?
タイプなんで見とれちゃって
手乗りにしたいぐらいかわいいな
ちわわよりかわいいわ
当時は話す言葉を知らないのでとりあえず聞いて覚えました。こういった口説きギャグを言ってみてくだらないという女は口説けません。放置するのが利口です。
くだらないことを言っても笑ってくれるのかというのが(キャラクターや人間性を肯定してくれているとくだらないことを言っても笑ってくれる)口説けるか、好意的に見てくれているのかという目安です。
どことなく楽しい空気感が保たれるんですね。
真剣に駆け落ちしようとか言うと怖いけども、であい頭で言うとギャグってわかる。意味不明さが笑えたりとか。
笑ってくれない場合は、笑いを狙うよりもまじめな話や、良い話、自分の印象があがる葉暗視をして自分への食いつきをあげてギラツキをやりやすくしましょう。
みんなわらってくれないというときは魅力が足りないことが多いです。キャラクターがナンセンス。人間性がナンセンスだとか、恋愛対象外。
だからこそ、男に対していってみると引かれることが多い。女の子の方がキャラクターとか場の空気感とかで笑うことが多いです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る