さし飲みセックス蟻地獄:誰も教えてくれないちょい悪男子のお酒学メモ:リスクとグダ崩し

女の子のリスクを考えて、リスク回避の言動をとっておくとさらに確率あがって
妊娠のリスクや性病のリスク、相手を好きになってしまうかもしれないリスクなどが考えられておのおのに対して事前の予防が大事。
さらに考えると、この場所でセックスしても良いかどうかの判断に関する予防線も張っておく必要が合って
それが
恥ずかしいグダ、彼氏に悪いグダ、初めて合ったグダとか。
そっちの対応がメインになるのでしょうがなんとなく、リスク回避の言動を入れておくことはプラスに働いていて。
キャラクターを壊さない程度に(たとえばチャラい男キャラクターが消えるととたんにギラツキがやりにくくなる)
セックスの話が出たタイミングで、ゴムつけてやらなあかんで!!とか俺の知り合いが性病になってチンチンがすごいことになっていたw怖くなってそれ以来は絶対にゴムつけるようになった。
おじいちゃんの遺言でごむはつけなければいけないことになっている、財布に常備しているとか話しておくと、良い。
それこそ下ねたの誘導に。グダ付き防止に。笑い込めてユーモラスに語る。
ぬれやすいの??ではなくって(それやとただの変態親父)、俺の元彼女がぬれにくくってエッチしなかったら愛情感じないとか言われた。とか
手汗を書きやすい女の子ってぬれやすいんだって。知り合いに相談受けたんだけど、全然ぬれなくってどうしたら良いと思うって。とか
どんなパンツはいてるの?ではなくってキティちゃんのパンツはいてるんでしょとか、パンツ占いさせてとか、勝負パンツはいてるんやろ!とか
のり重視でも良いし。ちなみに乗り重視で通らなかったら戻して、女友達から相談受けたんだけど女磨くにはエステ?って勝負パンツはいておきなさい!ってモテる子が言ってたよとか
いつも勝負パンツはいておくっていうのは「いつでもやれるように!」とかじゃなくって、やっぱり男運がいい子はきれいな下着はいてるから。とかまじめ路線にシフトしたり。とか
コミュニケーションの基本だけども、相手の立場に立って何がリスクなのか考えて事前に言動をつぶす。というのが基本の指針。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る