さし飲みセックス蟻地獄を読んで考えたこと:女の子にお酒を飲ます方法

雑学とかアイディアがたくさんこのさし飲みセックス蟻地獄には出てくるのですが、女の子がお酒を飲むかどうかというの決定打にはなりえなくって
もちろん、細かい取りこぼしを拾っていくとか女の子がお酒を飲む確率を一パーセントでもあげるという意味でこういった雑学だとか雰囲気作りの言葉、理屈付けは大事なのですが、
魅力だとかその人自身の堂々とした雰囲気が合ってこそなのかなとか思ってしまいました。
この人堂々としているから言葉に重みが合って、一緒に飲もうよ!とか飲んでよ!とか一言言われただけで、飲んでしまうという・・。
第1章でその部分の解説があるのですが、ちょっと具体例が少ないかも。
おそらく一番重要な部分。さらっと書いてあります。
あとは、女の子がさそうって意味でお酒飲んでくれること多いです。
もっとがつがつ来てよとか、自分の理性外すために飲んでくれたりとか。
飲みたいから飲むというよりも、女の子が誘ったり手を出してほしいからこそ飲むというケース。
初期の頃だとか、ゲット目的ナンパを始める前とかこのサインを見逃していて、手を出さずじまいで嫌われて連絡とれなくなったり。
食いつきが良くてもこういうサインを見逃すうちに徐々にフェードアウトされていったり。
女心って経験値でわかってゆくものだなとか感慨深くなります笑
あーだこーだ理屈をこねたりとか、主導権をとったり、雰囲気に流したりしてお酒を飲ませることもできないようならばセックスまで流すのは難しいかも^^;
両方とも人対人の交渉であることは変わりないんですねー。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る