ナンパ講習を福岡で実施したレポ!料金は?内容は?

こんにちわ、中村です。

今回の記事では福岡でナンパ講習を行った時のレポートを書いていきます。

今回申し込みがあったコースは体験講習でして

15000円での2時間でした。

こちらから申し込めるやつです

内容は一緒に声掛けしたりとか、テンプレートの一部をお渡ししたりとか

意中の女性がいるということでその女の子への戦略を練ったりもしました。

年齢は50代の方で山口県から車で福岡まで来ていただきました。

出会うまで

申し込みがあったのはWEBサイトから。

サーチエンジンかyoutubeで見つけたとのことでした。

年齢層が高い方でも機械を使いこなしている方もいますね^^;

事前にアンケートをさせていただいて

当日に僕に聞きたいことなどもリストにしていただきました。

・声掛けをするためのマインドセットとは
・女の子を口説くプロセスが知りたい
・誰かに見られていないか心配
・女の子となに話したらいいのかわからない
・女の子をホテルや自宅に誘えない

といった項目を挙げられていました。

一応事前に簡単な回答を差し上げました。

それで、対面講習では一つ一つ解説する形で。

出会ってから

当日はまずは警護公園で待ち合わせです。

受講者さんからヒアリングで状況を教えていただきました

若いころは結構声をかけていた
いまでは出会いもないし寂しい
出会いを自分で自由に作れるようになりたい
付き合っていた女の子もいたけども5年前に別れてしまった

年齢が高くなるほど長期間女性関係で何もないというのは増えるように思います^^;

声掛け

地蔵はしないとおっしゃられていましたが一応はじめということで指名で声掛け

地蔵しなくて目利きしないと結果が出なくなるんですよね^^;

福岡ということもあって女の子の反応は良く立ち度目は成功しましたが

女「すいません、待ち合わせ中なんで」

受「・・・ああ、こちらこそすいません」

と謝って退散でした。

何声掛けかしていただいて慣れてきたころにミニレクチャーを入れました。

声のかけ方のテンプレートでして、渡されてもなかなか真似することできません。

中「短いのですけどね、オリジナル入れてもいいのですが、このポイントは話してくださいね」

受講者さんに何度か音読練習をしてもらって、そのあと暗記練習

そして、ついに実践です。

何度か実践していただいて、一人でオリジナルでやるよりも女の子の反応が良くなるのを実感していただきました。

その後、僕がフォローする形で一緒に声掛け。

福岡の女の子は反応が良く、とんとん拍子でラインの交換までたどり着きました。

最後にお手本ということで僕が主体で話す機会を設けて、トークを受講者さんに見学してもらいました。

座学

そのあと二人でタリーズに入り反省会と、受講者さんの成長の過程をレクチャーしました。

どんなふうに学習していけば結果が出て、どんなふうに学習していくと結果が出ないのか、実際の受講者さんの例を出しながらレクチャーしました。

結果を出したいならば今まで培ったものw使うのではなくこちらの指示に従って、なるべくいうことを聞いてもらったほうが良いといった話とか

パソコンのスキルがなくても何とかなった話、50代でも20代の彼女がゲットできた話などをさせていただきました。

ネトナンに関してはそもそもやったことがなくて

どのようなものかわからないということで、どんなことができるのかという話からさせていただきました。

時には僕のサイトの画面を見せながらレクチャーですね。どんなふうに設定しているのかとかw

単純に女性関係の充実という意味であればストリートよりもネットナンパのほうが適しているケースが多いです。

もちろん今までストリートを実践してきた型の場合は別なのですがw

本人のスキルによるんですよね。

質疑応答

事前にいただいていた質問リストを使って

質疑応答形式でのレクチャーしました。

自分の興味を持った内容は頭に入りやすくなりますね。

意中の女性がいるようでその女の子に対してのアプローチを

いろいろかき出しながら二人で練ったりしました。

コミュニティ系での女の子の場合はいろんな優位点があったり個別性が強かったりするので

個別に考えなくてはなりませんね。

今回は

女性関係は充実していたほうがいいけれども

そんなに困っていないというのと、興味本位で講習に来たというのもあって

今回は本講習には進みませんでしたが、ナンパやネットナンパの世界を

短い時間で堪能できたのではないでしょうか^^

体験講習はこちらです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る