地蔵克服!声かけナンパ講習を福岡で実施したレポ!料金は?内容は?

こんにちわ、中村です。

今回の記事では福岡でナンパ講習を行った時のレポートを書いていきます。

今回申し込みがあったコースは体験講習でして

15000円での2時間でした。

こちらから申し込めるやつです

内容は一緒に声掛けしたりとか、テンプレートの一部をお渡ししたりとか

意中の女性がいるということでその女の子への戦略を練ったりもしました。

年齢は50代の方で山口県から車で福岡まで来ていただきました。

遠方から受講される方はやる気があって結果が出るのが早いイメージもあります。

おじいちゃんナンパ師

申し込みがあったのはWEBサイトからでした。

サーチエンジンかyoutubeでnanpa-y.netを見つけたとのことでした。

基本的に年齢層が高い人は機械がわかりません

「僕スマホとかわかんないんだけど大丈夫でしょうか」
「パソコン盛ってません、パソコンわかりません、怖いです」
「マッチングアプリってよくわかんないです」

しかし、ひとくくりにするのではなくて年齢層が高い方でも機械を使いこなしている方もいますね^^;

受講者の状況を講師が理解する

事前にアンケートをさせていただいています

受講者の状況を講師が理解したほうが当日に確実な指導ができると思うためです。

特に重要なのは受講者の目的、講習に期待すること、受講者の現状ですね。

ナンパするとかネトナンするにしても一人一人目的が違うと思うのです。

結婚がしたい、セフレが欲しい、陳子が死ぬ前に遊びたい、今まで遊んだことがないから遊びたい、自信が欲しい、声かけられないのが悔しい、コミュニケーション能力が欲しい、アプリしたことないのでガイドが欲しいなどなど・・・。

個別コンサルティングの形をとっていて受講者さんの目的にそぐう形で最短距離を目指すような指導にしています。

受講前の事前アンケートを行って当日に僕に聞きたいことなどもリストにしていただきました。

・声掛けをするためのマインドセットとは
・女の子を口説くプロセスが知りたい
・誰かに見られていないか心配
・女の子となに話したらいいのかわからない
・女の子をホテルや自宅に誘えない

といった項目を挙げられていました。

一応事前に簡単な回答を差し上げました。

それで、対面講習では一つ一つ解説する形で解説ですね。簡単にどのような回答をしたのかだけ・・

初心者が陥る罠

どれもよい質問です。初心者さんが良く抱く疑問なので解説していきます

・声掛けをするためのマインドセットとは
→今まで奥手だったりとか、引っ込み思案だったりとか、気を使いがちなタイプの男性に多いですが、ナンパ師さんでうまくいっている人は深く考えていません。実践してみるとわかりますが、声をかけて無視されても誰も関心を持ちませんし、自意識過剰なんですよね。実体験から学習するのが早いと思います。しかし、実体験から学習するにもはじめの一歩が踏み出せない人は多いのでそこらへんはほかのナンパ仲間に指名などしてもらうとか地蔵克服のノウハウとかで乗り切りましょ~

・女の子を口説くプロセスが知りたい
→いくつかパターンがあって女の子に応じて最短で確実でノーコストなものをとることが多いです。僕の場合はネットナンパだったら電話で仕上げて対面でクローズとか、カフェで対面でクローズしつつホテルに移動いてさらにクローズとかのパターンが多いと思います。ストリートだとカラオケでクローズして完結させることが多いですね~。

・誰かに見られていないか心配
→開き直りか、地方などでやるか、そもそも人通りの少ない裏道でやるかが良いと思います。別に声をかけているところを見られてもナンパしているとは思われないで知り合いがいたのかな~ぐらいに思われるでしょう。受講者さんで知り合いばれした人は何名買いますが、逆に応援してくれるといったケースが多いようです。

・女の子となに話したらいいのかわからない
→初心者向けのコツとしてはあらかじめ女の子の好きな話題を把握しておくとよいですね、いわゆる共感系のネタ。話せないのと口説けないのは属性が異なっていて雑談ならできるけども口説くことができない場合は色掛けあたりは武器になると思います。

・女の子をホテルや自宅に誘えない
→誘導のトークというのもまた別にありますね。そのあたりは誘導するデート術の書籍に詳しく書いてますが、誘いたい場所の話題をして興味を引いて女の子からOKサインが出たら誘うというのが確実ですね。初心者さんの場合は女の子が誘ってほしいサインを出してるのに誘わないといったケースもあります。空気が読めなさすぎるパターンです、そういう場合はとりあえず誘ってみるのが正解ですね。僕にもそういう時代は会ってそういう時代の話はナンパ日記の書籍に書かれてます。ストナンで100ゲットしたら克服できました(笑)

爺さんナンパできんの?

当日はまずは警護公園で待ち合わせです。

お土産を持ったおじいちゃんがたっていました。山口名物のおまんじゅうなどいただきました(^^;

受講者さんからヒアリングで状況を教えていただきました

若いころは結構遊んでいてガンガン、結構、気になる女の子には声をかけていた
いまでは年齢も年齢だし新しい出会いもないし寂しい
ストリートでもネットでもよいので出会いを自分で自由に作れるようになりたい
付き合っていた女の子もいたけども5年前に別れてしまった

年齢が高くなるほど長期間女性関係で何もないというのは増えるように思います^^;

社会的にも何かナンパみたいなことをするとたたかれやすくなりますし、温案おこのあたりも見た目が悪い(例えばおじちゃんに見える)ときつくなりますしね。

声掛け実施で勇気づける

いよいよ、ストリートナンパの実践です。

本人は少し話した感じでは地蔵はしないとおっしゃられていましたが一応はじめの声掛けということで指名で声掛け

たしかに支持してすぐに声掛けに行けました。

しかし、地蔵しなくても目利きしないと結果が出なくなるんですよね^^;

目利きというのはストリートナンパで結果の出やすいいける子に行くということです。

凄腕のナンパ資産は無意識に行ける女の子を選定をしています。すこし話した感じでも女の子が無理そうな案件であればすぐに捨てていきます。

今回の体験講習は福岡ということもあって女の子の反応は良く立ち度目は成功しました。

受「こんにちわ、どこいくのですか」

女「すいません、待ち合わせ中なんで」

受「・・・ああ、こちらこそすいません」

女「いえ、すいません」

と謝って退散でした。

福岡の女の子は素直で純粋な子が多いですね。東京で立止めが困難なかわいい女の子でもトークまで持ち込める傾向にあります。

マル秘テクニックをレクチャーしました

受講者さんに任せているだけでは上達は見込めません。

何声掛けかしていただいて受講者さんが声かけに慣れてきたころにミニレクチャーを入れました。

何声かレクチャーの前に実践をやってもらう意図は何を学習したいのか本人の中で明確にするためです

「なんて声を掛けたらいいのかわからない」
「なんて切り替えしたらいいのかわからない」
「おどおどしてしまってトーク飛んでしまった」
「どの女の子に声かけたらいいかわからない」
「女の子が町から消えて見えた」

受講者さんによって課題や興味関心は異なっていてその興味に応じて講習内容をするのが最も学習効率が良いと考えています。

テンプレートだけでは無駄

今回は「なんて声をかけていいのかわからない」

ということだったので行ったレクチャーは声のかけ方のテンプレートです、

こういったテンプレートは渡されてもなかなか真似することできません。

渡されたテンプレートの中から適当に切り取ってトークに組み込もうと考えたり、いざ実施に至るときに自分のオリジナルに変えてしまったり(しかも無意識に)するためです。

なるべくコミュニケーションというよりも作業に落とし込むために、まずはテンプレートの音読練習を行ってもらいました。

中「短いのですけどね、オリジナル入れてもいいのですが、このポイントは話してくださいね」

受講者さんに何度か音読練習をしてもらって、そのあとはテンプレートを見ないで暗記練習

テンプレで女の反応はよくなる

そして、ついにテンプレートを使ったトークの実践です。

何度かテンプレートを使って声掛けを実践していただきました。

一人でオリジナルの声掛けの方法を使うよりも女の子の反応が良くなるのを実感していただきました。

その後、「講師が実際に女の子と話す際の手本も見てみたい」という要望もあったので

受講者の声掛けを僕がフォローする形で一緒に声掛け。

講師が単独で声をかけてしまうと、女の子との会話に参加できずにとお目で見守るような形になってしまいます。
多くの場合は実際に目の前で女の子とナンパ講師のトークを聞くことができません。なので適当にうなづくぐらいでトークに参加してもらいつつ僕のトークを見てもらうようにするパターンをはじめに組み込んでいます。

中「ライン交換しておこう」

女「ん、いいよー」

福岡の女の子は反応が良く、とんとん拍子でラインの交換までたどり着きました。

最後にお手本ということで僕が主体で話す機会を設けて、トークを受講者さんに見学してもらいました。

なぜ高齢受講者でもナンパが成功するのか?

そのあと二人でタリーズに入り反省会と、受講者さんの成長の過程をレクチャーしました。

どんなふうに学習していけば結果が出て、どんなふうに学習していくと結果が出ないのか、実際の受講者さんの例を出しながらレクチャーしました。

結果を出したいならば今まで培ったものを使うのではなく成功モデルを取り入れましょう。
こちらの指示に従って、なるべくいうことを聞いてもらったほうが良いといった話とか。

パソコンのスキルがなくても何とかなった話、50代でも20代の彼女がゲットできた話などをさせていただきました。

今回の受講者さんはネトナンに関してはそもそもやったことがなくて

ネットナンパがどのようなものかわからないということで、どんなことができるのかという話からさせていただきました。

時には僕のサイトの画面を見せながらレクチャーですね。どんなふうに設定しているのかとかw

単純に女性関係の充実という意味であればストリートよりもネットナンパのほうが適しているケースが多いです。

もちろん今までストリートを実践してきた型の場合は別なのですがw

本人のスキルによるんですよね。

質疑応答

最後に事前にいただいていた質問リストを使って

質疑応答形式でのレクチャーしました。

自分の興味を持った内容は頭に入りやすくなりますね。

意中の女性がいるようでその女の子に対してのアプローチを

いろいろかき出しながら二人で練ったりしました。

コミュニティ系での女の子の場合はいろんな優位点があったり個別性が強かったりするので

個別に攻略法を考えなくてはなりませんね。

今回は

女性関係は充実していたほうがいいけれども

そんなに困っていないというのと、興味本位で講習に来たというのもあって

今回は本講習には進みませんでしたが、ナンパやネットナンパの世界を

短い時間で堪能できたのではないでしょうか^^

体験講習はこちらです

雰囲気はこんな感じです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る