ナンパ塾を福岡で実施したレポ!料金は?内容は?

こんにちわ、中村です。

この記事ではナンパ塾の講習を福岡で実施したレポートを書いていきます。

今回の講習では体験講習で15000円での2時間でした。

こちらから申し込めるやつです

今回の受講者様は受講者様からの紹介の方で

面白い人がいるということで興味を持っていただいたとのことでした。

事前に

軽く通話で話させていただきました。

・ストリートナンパに興味がある
・昔講習も受けたことがある
・最近はなにもしていない
・たまたま紹介してもらったので

こういう風に事前に通話するのは

僕のほうで提供できるものがあるのかとか

費用対効果はどうかとか話を聞くと見繕えるためです。

その人の状況によっては費用対効果がとても悪くなる方もいますのでそういう方は受講をお断りさせていただくこともあります^^;

待ち合わせ

当日はアップルストアのところで待ち合わせさせていただきました。

まずは簡単にヒヤリング、そのあといきなり声掛けを見させていただきました。

福岡ということもあって、オープンはなんとかできましたが

服装が普通のおじさまであったので、女の子に怖がられてしまい

どうしょうもなかったです^^;

ミニレクチャー

ここでミニレクチャーを。

声掛けのテンプレートをベースに細かい意味合いとかを講義

黙って、この通りに使えれば問題はないのですが、理論とかも知っておいた方が応用は利きますし、

上級者になってからだとむしろこの理論からの応用という部分のほうが重要になったりしますね

好奇心でナンパをはじ得たいという人の場合はこの理論の部分に実践的な心理学の意味での興味をひかれる方も多いですし、ニーズには答えたいと思っているのでちょっと眺めにレクチャーしました

その後何度か音読練習。

しかしなかなかうまくなかったので、一度録音してご自身で聞いてもらうことにしました。

何度か修正を繰り返して何とか大丈夫な形になったのでテンプレートを使って声かけです。

福岡なのでオープンはしやすいですね。

受講者「ライン友達になってください」
女の子「いいですよー」

雰囲気的には死に番にはなってしまいそうだったのですが、僕のフォローもあり何とか一バンゲしてそのあと

座学に移りました。

座学講習

座学では実際にストリートをやってみて感じたこととか、本人の理想像とかをまとめるお手伝いをさせていただきました。

こういう時に恥ずかしげもなく倫理観とか道徳とか抜きにして理想を語れると強いですねw

僕がどんな風な道を経てストリートを上達していったのかとか、

受講者さんで結果の出る人がどんな風に活動されているのかといった話や

実地のストリートの時に

「もっと声かけのバリエーションが知りたい」

といった話をされていたのでそういった紹介をさせていただきました。

基本的には直接法で一本道がおすすめなのですがいろいろやってみたい人は

間接法とかネタナンパとかもやってみるのも楽しいと思います。

結果を出すことに関しては論理的に的確にユーモアを交えてわかりやすくとか

当たり前のことを当たり前にやるのが一番大事なのですが

ネタ系とか覚える前に早口直すとかわかりやすく話すとか女の子に視認されるとかやることたくさんあると思うのですが

それでもやりたいならやったらいいというのが僕の考えでして

具体的なセリフやバリエーションとかについてお話しさせていただきました。

ネットナンパも

僕が大量にマッチングしている画面などを見せたり

受講者さんの進化流れなどを写真付きで解説させていただきました。

こういうのは教材にしたりとかインターネットには乗せられない情報なので

対面でしか得られない情報で貴重だと思います^^;

女性関係の充実を目的とするならばネットナンパ

自分のコミュニケ―諸力向上や自信をつけたいならストリートがおすすめですね

催眠術

催眠術に関しても興味がある

というか、実は昔にやっていたということで

僕が女の子にかけている動画や、カフェで実演しているような動画を

解説させていただきました。

カフェとかで練習したらいいのは頭では理解できると思うのですが、

いまいちリアリティがわかなくて実践に踏み切れない人が多いように思います^^;

まとめ

最後に本日の講習内容をまとめて体験講習は終了としました。

体験講習には本講習のセールスは入ってくるのですが

本講習の全体像をつかんでもらうという意図でやっていまして

自分に合わないなとかコストパフォーマンスが悪いと感じたら断っていただいて構いませんし

無理な売り込みはないのでご安心くださいませw

こちらから申し込めるやつです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る