ナンパ講習を大阪で開催!5声かけで2バンゲできました

こんにちわ、中村です、

今回は大阪でナンパ講習をした時のレポートを書きたいと思います。

体験講習の申し込みがありまして梅田のhep前に待ち合わせで実地してきました。

15000円での2時間でした。

こちらから申し込めるやつです

今回の方はサイトからの申し込み

youtubeあたりで検索して僕の動画が引っかかったとのこと

30代の大阪住みの男性でした。

事前準備

当日いきなりお会いするというのも気が引けるかなと思いまして

LINEの交換の後で事前に電話をして状況確認をしました。

話を聞くと全くの初心者というわけではないようで

30ゲットぐらいはしていて、今後もっと伸ばしていきたいという話を受けました。

かわいくない子はゲットできるのだが、かわいい子になるとなんだかうまくいかないことが悩みのようです。

可愛さにも程度というのがありまして、道を歩いているレベルのかわいい子ならばストリートやネットナンパで何とかなるのですが

特殊なステータス持っている女の子になると紹介のほうが簡単な道だったりします。

簡単に電話で回答させていただいて、当日を迎えます

当日

簡単に改めて自己紹介させていただいて、まずは声掛けを見させていただきました。

そのあと手本が見たいということで僕もフォローして一緒に声掛け

ほかの塾だと講師の人が指名ナンパだけで手本を見せなかったりとか

そもそも座学だけで実地がないとか多いように思います。

講師側としては座学だけのほうが不確定要素もリスクもないので楽なんですけどね・・。

高額コンサルということで体験講習で声掛けの手本とか見せたり、レジュメ渡したりとかしています^^;

きちんと一人一人が結果出るまでやっていこうという方針ですので。

そのあとで先ほどの声掛けのテクニックについてレジュメを使いながらレクチャーさせていただきました。

そのあと一緒に何声か声掛けをさせていただいて、無事にバンゲを1回ずつ。

その後に座学に移ります

座学では

僕がどのような道のりで引きこもりでほぼ誰とも話さなかったような状態から

ストリートを会得したのかといった道筋や

ナンパ塾を何か所も渡り歩いた話などをさせていただきました。

秘密の資料を公開しつつ^^;

結論から言うと大体ダメなんですよね、自分が変わらないとダメなことが多い・・

結果を出す人はどこに行っても結果出すし、結果出さない人はどこでも出さない

僕の事例はその中でダメだった人が何とかして結果を出すようになった珍しい例だと思います

質疑応答も

実地してみた時の質疑応答も行いました

僕の声掛けと自分の声掛けの違いをまとめるワークや

今回の話を聞いて実地してみたいと思ったことの行動計画を立てるワークなどを行いました。

ストリートにしか興味はないとのことでしたが

一応、聞くだけ聞きたいということで簡単に催眠術やネトナンの話もさせていただきました。

人によって興味のある分野もストリートに出る目的も違うことは承知していまして

興味がないと言っていただければ要点だけかいつまんで短めに済ませるようにしています。

即決で

即決でストリートのゴールドコースを決めていただきました^^;

最後に本日の学んだ内容と行動計画をまとめて今回の講習は終了しました

自信をつけるとか、ストリートで即が出せるようになりたいとか

自分なりに目的が明確に出せていると成長も早くなりますね。

焦点を絞って自分のリソースを注げるので。

自分の課題を明確にするという意味でも体験講習はおすすめです^^

こちらから申し込めるやつです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る