催眠術の講習を大阪で実地しました

こんにちわ、催眠術やナンパ術を教えている中村です。

この記事では大阪で行った体験講習についてレポートします。

ココナラから

ココナラというサイトで募集していた時に応募された方でした。

催眠術というものに以前から興味があったのだが、実際に見たことがなく体験をしてみたいといった動機でした。

大阪ミナミのスターバックスの前に集合

ちょっと背の高いお兄さんがそこに立っていました

ファッションが少し独特ですね、催眠好きな方は少し変わった服装をしている人が多いように思います

カフェの中で作戦会議

この方の場合は一応、NLPの講座とかは受けたことはある

すこしだけデモンストレーションで催眠術のショーを見た

といった経験のある方でした。

催眠術にかかってみたいと思いますか?

はい

かかってみたいのはどうしてですか?

個々の部分を膨らませて、メンタルリハーサルさせることが

催眠術の成功率を飛躍的に伸ばすと思っています

そして実演

今回は

「催眠術にかかっている人を見て不思議だな、なんでかかるんだろうな」

という話をされたので

この人は催眠術かかると判断して本人に催眠術をかけていくことにしました

まずはフィンガースティックです

教学による権威性は取れないと判断したので

これは集中力を高める方法です、僕の誘導に従う練習でもあります

この練習がうまくいって終わるとそのあとスムーズに催眠誘導に入ることができます

と後催眠暗示入れたりしました。

その後にカタレプシー、運動支配で話せないまで誘導に成功です

座学を再び

今までご自身で学んできているということで質疑応答の形で

座学を進めさせていただきました

「催眠術はどうしてかかるのですか」

思い込みですが、思い込みは非常に強力で、時に肉体にも判断にも影響を与えるということです。

これを自在に自分で使いこなすのが自己催眠、自然な日常会話の中で行うのが現代催眠です。

しかし、この二つを使えるようになるためには催眠とのラポールを作って催眠の力を信じないといけません

その催眠の力を信じるのに必要なのが古典催眠だと思っています

「好きになった女の子を落とすことは催眠術で可能でしょうか」

好き好き催眠で落とそうとする場合は催眠を解除したらもとの状態に戻ります。

しかし、好き好き催眠というのは繰り返したら本物になるという面もありますね

一種の役割を与えて繰り返すみたいな。

もっと細かく見るとキスも一度だと何とも思わなくても、何度もキスしていると恋人っぽい雰囲気になりやすくなるとかw

次に現代催眠で好きにさせる場合。

さっきのキスを細かくするといったテクニックもそうなのですが、キスだとセクシャルすぎるので手をつなぐとか相手を気遣うといったことを頻繁に行うとそれっぽくなりますね

寒い時にそっと自販機で温かいお茶を買ってあげるとか

そそくさと車道側を歩くとか

まとめると

こういった話は聞けばわかるのですが、実践するに至らないとか、実践部分が中途半端になりがちです。

そもそも一般的な男性だと圧倒的な出会いの数が足りなくて

実践が特定の人とかになりがちで、対比検証がやりにくいのです

そこで実践を少しでも多くするために体験コンサルでは秘訣を教えています。

応募や質問は気軽にどうぞ^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る