ナンパ研究日記 vol1

雨の中出撃したある日の反省点をまとめる

■声掛け
・即ができないとあきらめる。お茶連れ出し、バンゲ、メルゲ。カラオケ入室後に食いつきあげて解散などいろんなバリエーションがある。カラオケ即ができなそうならあきらめる癖がついている。カラオケ連れ出しを目標にしつつもバンゲやお茶連れ出しを中心に狙うべきである。

・見切り。全体的に早かったり遅かったりしている。バランスがうまく取れていない。粘るべき相手には粘るべきであるし、見切るべき相手は見切るべきである。粘り方にも段階を下げていく必要がある。個室連れ出し、カフェ連れ出し、バンゲ、メルゲ

・会話展開。会話の段階の整理が頭でできていない。嗜好や趣味レベル、恋愛・マジメトーク、セクシャルの話題。行けるところから切り込む、盛り上げる

・会話の盛り上げ。ディティール化。いじり、大げさに言い放つ、気障なセリフをギャグのように使う、簡潔に言葉を合成する、相手の意見を聞く姿勢を見せる
・自分のキャラクター。男らしさと面白さを基調としたキャラクター。面白さ、ガンガン盛り上げ笑わせて楽しませる

カリビアンコムの詳細はこちら

・立ち位置
ななめとか前にできるだけ出ることではなくて、相手に認知させる、相手に聞く耳を持ってもらうことが大事。ほかのキャッチやスカウト、ナンパしより良い意味で印象付ける、この人は一緒にいて楽しい、面白いと思ってもらう。

・レッテル展開を初期の段階で
やさしいな、乗りいいな、押しに弱いせいアックでしょ、Mでしょ、引っ張ってほしいんだね

・局所に下ネタをちりばめる
下ネタじゃねーし!コスプレからえろいやつとかもあるん?足が好きやねん、フェチトーク。
ライトな下ネタトーク、食いつきを挙げて深い下ネタのトークに入る。
恋愛トークもライトな下ネタトークとしてとらえたほうが、ぎらつきという点からだと分かりやすい。
せく狙ってるのだから、せくの話に入らないと厳しい。そのための恋愛トークである必要がある。

・下ネタ度の軽減の法則
マイフレンドジョン、一般論として語る、法則として語る、心理テストなどを用いる。
過去のエピソードとして語る。いきなし、どえむやろよりも、ひとつだけおもいあたることあるんよ、ゆびさわって!あ!どえむやろのが軽減される。軽減される代わりにエロく入れなくなる。段階を追って進むこと

・自分と相手の話す割合。
自分が8~9割話す状態から、相手の様子を見ながら自分の話す割合を減らしていく。相手の話したいことを探すスタンスで。何を話している時に相手は生き生きするのか。何に興味を持っている人なのか。
認知してあげよう。~~してきたんだね、~~な人なんだね、~~~が好きなんだね、~~できるんだね
エピソードを引き出そう。~~のきっかけってなんだったの、いつから始めたの、どうしてはじめたの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る