ギラつきの方法とやり方!始め方!女の子へのボディタッチは段階を踏め?

こんにちわ中村です

このページではギラつき方法のテクニックでボディタッチの段階を踏むことについて取り上げます。

※ぎらつきというのは女の子と身体的な距離を近づけることです。

初心者にとってはいざホテルに入室しても

「いける気はするんだけど、どうしたらいいのか」
「嫌われたらいやだしなぁ・・」
「どこから切り込んでいいのかわからん(^^;」

ギラつきはどうしたらいいのか、悩むところでしょう。

正解は

正解ですが、ズバリ

1、行けるところからえっちに向かって進んで行く
2、行き詰まったら他の手段を用いて進んで行く
3、それでも無理なら和みなおして波状攻撃

といった形ですね!

自分なりに得意な方針を立てる

まず自分の中にシナリオがないと最後まで行ける確率は激減すると思います。

シナリオというのは居酒屋に行って恋愛話で盛り上がってその後ホテルに行く・・といったものです。

ストリートでのナンパの場合は少しこういった恋愛での流れとは異なって

ぎらつきの流れを立てることになります

例えば

・カラオケに入ってイチャイチャして、いつの間にか服を脱いでからゴムがとりだされてエッチまでしてしまう
・ホテルに入って、二人でベッドに腰かけて映画見る、映画見ながら抱き寄せて手をつないでキス
・家についたらいきなり抱き寄せてディープキス、舌を絡ませながらおっぱいを触って激しくイチャイチャ

といった流れのことです。

女性との経験がないほどイメージできないです。

あvとかがイメージにあると思いますが、激しすぎたり乱暴すぎたりするケースが多く女の子から嫌われることあるので注意(笑)

イメトレもする

イメージできないことは体現できませんので、イメトレも重要になってきます。

アファメーションみたいに寝る前と朝にイメトレするのが脳に残りやすいという風に言われています

ぎらつきの工程

つづいてはギラツキの工程についてお話していきます。

上記のイチャイチャして・・・の部分ですね。

なるべく具体的に書き出していたほうが良いです。

初心者ほどかき出すのが大事ですね。

上級者の人は煩雑に分岐を加えてかき出すとよいでしょうね

アウトプットすることで具体的にイメージしやすくなります。

最低限の簡単な段階を踏むこと

じっさいにイチャイチャしてというのも、初対面の相手に対してどのようにいちゃついていったらいいのかわからない人も多いかと思います。

方針としては程度の低いものから徐々に雰囲気を出していって最後のゴールにたどり着くといったイメージになります。

まずは手をつないだ後に抱き寄せる
抱き寄せた後にキス
キスをした後に胸
胸の後に手マン

といった、ハードルの低い部分からクリアしていきましょう。

なぜ効果があるのかといえばイエスセット・・・っと言いたいのですが正直なところえっちな雰囲気を徐々に出していくためということになります。

下ネタトークとかでも良いのですが、トークで話を持って行こうとすると上級者向けで相手の観察が余計に必要になってきます。

なのでボディタッチで雰囲気出すことを進めています、覚えることが少なくなりますし。

実戦ではもっと細かく狙っていく

最低限なのが先ほど紹介したフローなのですが、もっと慣れてきたら臨機応変に行きやすいところから行くのが早いです。

手後ろに回す、髪、爪、手つなぎ、手を入れてもらう、こちらをさわらせる、密着、くび、あし、おなか、だきよせ、みみ、はぐ、アンダー、唇を触る、ほっぺキス、キスの打診、キス、ディープキス、胸、直胸、ちんこさわらせる、直でちんこ触らせる、服の上から女性器、クリ、中、パンツ脱がせる、服脱がせる、ちんこ入れる、ぴすとん

なんて色々とあるじゃないですか。

もしもダメだったときにいろんな手順を知っていると、そちら側にシフトすることができます。

おっぱい狙ってダメだったら、距離感が同じぐらいの相手の内腿を狙ってみるとか。

ハグがダメだったら自分の膝の上に女の子を座らせることに挑戦してみるとか。

人によって価値観とか体の距離っていうのはバラバラならなので、なんとなく距離感を把握しておいて、行けそうな部分からやっていきましょう。

こういうネタは多ければ多いほど良いです。

自分なりにまとめる

もちろんリストを見て覚えるのではなくて、自分なりに手順とかフローチャートにしてまとめておくと良いですよ。

使わないことを覚えていても無駄ですし、自分でリストを見ながらこういう手順で行くってイメージできるようになっておくのが望ましいです。

フローチャートを描いている段階で自分なりに手順を思い浮かべてシュミレーションもできると思います。

行けるぎりぎりのところから行く

これは確実に進めるというよりはストリートという時間の限られた中でいかにスムーズにゴールまでたどり着くかといった話になります。

女の子にも時間制限はありますし、こちら側にもいつまでに家に帰らなければいけないとか、何時から仕事があるといった時間制限が付きまといます。

そのために、なるべく早い短時間で自分の求めたゴールまで進めるスキルは必須になります。

たとえば、時間を最短に仕上げるための極端な例ですがおっぱいを路上で触っても抵抗のない相手ならば、路上でおっぱい揉んだ方がゴールまでの話が早いってことです。

肩を叩いてみて嫌がらなければ肩を抱き寄せてみるとか、臨機応変にぎりぎりオッケーが出そうなラインを狙っていきましょう。

キスのOKの女の子にいつまでたっても手つなぎで止めていると、相手の食いつきが下がります、雰囲気が悪くなるので。

相手の許容範囲のぎりぎりをつ寝に狙ってスムーズに進めていくことが最短時間で最後までことを進めるコツになります。


ぎらつきの具体例はこっち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る