ナンパした女性の目の前で挙動不審にならないために

まず、人が緊張するとき、挙動不審になるときは慣れていないシチュエーションにその人はあると思います。
つまり、ひたすら慣れていけば不穏な行動や空気を読まない行動は自然と減少していくと思います。
経験のない人はイメージができない(こうしたらこうなるなど)ために空気を読むことができないのでしょう。

また、状況に慣れているとはイメージができることでしょう。なので慣れるためにはひたすら挙動不審になる状況に身を置いてイメージを作っていく必要があると思うのです。

つづいて、空気を読まない行動の具体的なイメージを作るためには、おそらく自分で何度も実行して失敗を繰り返す必要があります。外側から言われた程度では具体的にイメージができない(行動と言葉が結びつかない)ので助けにはなるもののそれだけで改善できる可能性は少ないと思っています。

また、低レベルな実力でアポの数を増やすためにはいわゆるしょうもない層を取り込む必要があるのですが、基本的にしょうもない層を避けるようなマインドセットになっているためアポはしません、改善できるのが少数である理由だと思います。しょうもないアポやら路上活動を繰り返すうちに悲しい思いをしたり危険な目にも合うかと思います。適度に危険な目にあったりリスクを目の当たりにしたりすることで物事に動じない度量というのはつくものかと思っています。(変なところに連れ出される、お酒をおごらされる、変な人に絡まれる、凹っている現場に遭遇するなど)

また挙動改善だけならば状況を量産するだけで良いと思うのですがぎらつきの挙動改善とか交渉の挙動改善とかになりますと、アポの中でしょうもないそうに対して全力でそれを実践する必要があります。基本的に貴重な休日とお金を使ってアポしているわけで自分の行動に不信を募らせて行動が嫌になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る