セックスに近づくための場所選び。

セックスする場所と飲み場所の話が出てきます。

要はホテルに近い場所でお酒飲んだ方が良いって話なのですが
さし飲みセックス蟻地獄の教本の中で出てくることはその通りなんですけども、これこそアイテムだとか場所に頼ってるような雰囲気も感じてしまいます。

もしもその場にある利用できるものは利用したら良いですが、工夫と自分の魅力次第でセックスまでこぎ着けるのはどうにでもなると言いたい。

たとえば騒がしい店の対面席。

会話にならなくってストレスがたまるでしょうけど、お店を変えるとか女の子の隣に移動する口実になります。

ほかの店に移ろう!今度は静かなところが良いね。
話聞こえないから隣行くね。耳元で話すね。とか。

セックスする場所や設備も意外と売ってたりします。

お酒だってコンビニで売ってます。

魅力的なバーがなくても公園や個室でお酒なんて飲めます。

お酒がなくても技術で口説けます。

もちろんできる限り場所の情報を押さえておくことは重要ですけど、それにしても行動しない言い訳にしている人が多いように思います。

「失敗するからやめておこう」
「誘うの恥ずかしいじゃないか」

それは思い込みと言いたい。自意識過剰といいたい。
「あなたがどうなろうが、基本はだれもあなたに興味ない」と言いたい。

自分にプラスになる思い込みは良いと思うけど、マイナスになってるならば取り除いた方が良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る