藤田塾の手品講座でサムタイと合コンを習う

その日も@@町のカラオケ館で手品講座に並びながら塾生とお互いのファッションをほめ合ったりして藤田塾長の到着を待つ。
藤田塾の特別講座ではいい席を取ったりとかグッズの販売権をもらうために早い時間帯から藤田さんを待つ。
また、塾生同士でコミュニケーションをとったりするのである。

「この講座オススメですよ」
「このアクセサリーどこで買ったのですか」
「カバンカッコイイですね、どこで買ったんですか」

なんて情報交換をするのである。

手品を買っても全然使っていなかったり、出来なかったりする人も一定数いる。
手品のブログも立ててみた。

一応もてるとかコミュニケーション改善というのが根っこに流れているので参考にどうぞ。

そして、藤田塾のダイサンが合コンの講義をした後、マジックを教える。
そもそもこの時点では僕は合コンに参加したことがない。

誘われた記憶もない

そして、振り返れば塾生のほとんどが合コンに参加するレベルに至っていなかったように思う。

よくよく考えてみれば合コンで勝てるとか、常時参加できるようなレベルの人は女に困ってはいないw
つまり、ある程度の魅力を持っている男な訳だ。
今まで自分なりに気づき上げてきた人脈であるとかコミュニケーションスキルであるとか地位であるとか。
その場所に行ってナンパなんかせずに普通に恋愛楽しむのが下手に幸せなのかもなとか思う・・・。
僕自身決してモテている訳ではない。ただかわいくないことでもセックス重ねただけという状態。
やっとスタートラインに立てたという意識でいる。まぁえらそうに初心者のナンパ師さんに教えたりもしているけども^^;
藤田塾からすると即日で路上で知り合った人とエッチ・・なんて創造できないんだろうな。
僕から教本買ってくれた人向けに特典で即日セックスの音声つけている・・・。

サムタイという脱出マジックの講義であった。手品講師のだいさんの演技が光っていた。
やっぱり、面白いですね。さすがだとおもった。
僕が同じ手品やるとあんなに受けないでしょう。場作りや関係作りで来ていることもあるけどもダイサンの魅力は高い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る