路上ナンパで会話力アップするための方法!モテるトークをするためには?

こんにちわ、中村です。

前回の記事に引き続き会話力アップの方法についてお話ししていこうと思います
今回にお話しすることの根っこになっているのは

アドリブ要素を加える

ということです。

今回の方法によって会話力のアップの効果があるのは主に即を乱発できるようになってきた中級者さんであって、初心者さんは自分の得意なパターンを確立するようが先ですよ。

今まで行ったことがないシチュエーションや相手へのトークは

宇宙人との会話と言っていいぐらいのナンパ師側にとって初めての経験です。
こういった初めての経験を少なくしてパターンに落とし込むことによって
挙動不審にならずに、相手によって心地のいい会話の中でこちらの都合を通すようなトークをすることができるようになります。

それが会話になれた状態ということですね。
不慣れなシチュエーションでの会話はナンパでのトークの成長を促すために必要なことです。

4.いったことのない系統の女子に声をかけること

行ったことのない女に声をかけて会話の練習になる理由ですがこれらは必然的にアドリブ要素を増やすということです。関わったことのない系統の女の子を相手にすると今までになかったような会話が求められたり、文化の理解や自分の設定が求められたりします。

たとえばチャラ男設定が全く使えない女の子に出会ったり、逆にギャル男でないと完全に無視する女性で、いままでのチャラい男という設定でのトークが通用しなかったりとかですね。

こういった系統の女の子にも通用するトークを学ぶことで、トークの幅は広がるでしょう。

今までに相手にしたことのない女の子を相手にすることで、自然に声かけのバリエーションや相手の反応を見て空気を読んでトークを変えて行く力はついて行きます。

5.やったことのないシチュエーションでこえをかけること

つづいて5ですが、これもアドリブが増えることになります。いままで逆三でナンパしてこなかった人が逆三をするようになれば、必然的に行うべきトークは変わってきます。

カフェナンパやブーメランやコンビニナンパを狙ってこなかった人がやろうとすればするべきトークは変わってきますし、町を変えれば女の子の系統が異なり文化も変わります。自然に今までやったことのないトークに対して訓練することになります

夕方や夜しか出たことがなければ、朝や昼にストリートをやってみるとかでも、うろうろしている女の子の属性が異なりますので、トークは異なった内容をすると良いでしょう。

初心者が会話力を上げるにはどうしたらいいのか?

初心者の場合は、まずは即までのプロセスを身につけるのが会話力の向上に役立ちます。覚えることは最低限で、即までに必要な会話をまずは覚えましょう。

自分の中でやり方が確立するまでは会話のバリエーションを上げる努力よりも、定番のトークを一定の場所でしっかり行うようにするのが正解です。

もちろん効率は悪くなりますよ、できるとわかっている女の子を相手に淡々と作業的に即を繰り返した方が数は打てます。

即ができるようになってきた中級者さんはあちこちに出ましょう。

あちこちでナンパした経験やが自分の中で抽象化されて、汎用性を持つトークができるようになることが多いでしょう。自分の中で「こういうトークをしたら女からモテる」とぴう法則が出来上がる・・と言うことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る