女の子とのメール返信のパターンを決める

女の子と何通も何人もメールのやり取りをしていると何を書いたら良いのかわからなくなってしまいます。
またできるだけ個別対応はせずにコピペで済ませたいです。つまり反応するというよりも魅力で自分のメールに引きつける必要が出てきます。

そこで自分でフレームワークのようなものを決めておくと比較的書きやすいです

たとえばですが

ポジティブな日常

(雑学)

十分なねぎらい、共感

(自分の過去の共通点)

相手が興味のあることへの質問


等の流れを自分で決めておくと書きやすいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る